リンゴ酢サワー|リンゴ酢を水や炭酸水で割る飲み方



リンゴ酢

さまざまなメリットのあるお酢ですが、酸味が苦手な方もいらっしゃるはず。そんな方にはフルーティーなリンゴ酢がおすすめです。
この記事では簡単でおいしいリンゴ酢サワーの作り方と、リンゴ酢の飲み方についてご紹介します。

リンゴ酢サワーの作り方

リンゴ酢サワー

はちみつリンゴ酢

リンゴ酢とはちみつで作るさっぱり甘いサワードリンクです。小腹が空いたときにもおすすめ。
3.63 from 45 votes
調理時間 5 mins
材料(人分) 1

材料
  

  • リンゴ酢 大さじ 1
  • はちみつ 大さじ 1
  • 200 cc

作り方
 

  • グラスにりんご酢とはちみつを入れます。
  • 水を注いでよく混ぜます。

動画

コツ・ポイント

・水の代わりに同量の炭酸水で割っても美味しくお召し上がりいただけます。
リンゴ酢は、原料のリンゴをゆっくりと時間をかけて自然発酵させた醸造酢です。日本では「リンゴ酢」、海外では「アップルサイダービネガー」と呼ばれています。
このレシピのキーワード 酢, 酢ドリンク, リンゴ酢, はちみつ, 飲む酢, アップルサイダービネガー

すっきりと飲みやすいリンゴ酢


リンゴ酢の飲み方

リンゴ酢

リンゴ酢を健康のために飲む際のポイントをご紹介します。

1日の摂取量の目安

リンゴ酢の1日の適正摂取量は、一般的に大さじ1~2杯(約15~30ml)が目安です。これ以上の摂取は胃腸の荒れの原因となる場合があるので控えましょう。
また、原液のままで飲むのも胃腸の不調を引き起こす可能性があるため、必ず薄めて飲むようにしてください。飲む以外に料理に使うのもいいですね。

飲むタイミング

リンゴ酢は食事中や食後の飲むのがおすすめです。リンゴ酢が消化をサポートしたり、食後の血糖値の急激な上昇を防いでくれたりすると言われています。

あわせて読みたい
リンゴ酢の飲み方|効果的なタイミングと美味しい飲み方レシピ さまざまなメリットのあるお酢ですが、酸味が苦手な方にはフルーティーなリンゴ酢がおすすめ。 簡単でおいしいリンゴ酢ドリンクの作り方と、飲むタイミングについてご紹介します。

あわせて読みたい
リンゴ酢の効果とは?ダイエットにいい?おすすめのドリンク&料理レシピも紹介 健康に良いといわれるお酢ですが、酸味が苦手な方にはフルーティーなリンゴ酢なら取り入れやすくおすすめです。そこでこの記事では、リンゴ酢に注目して管理栄養士が飲むメリットを解説し、おすすめのレシピをドリンクや料理に分けて紹介しています。

かわしま屋のおすすめリンゴ酢

かわしま屋では、お酢の健康効果の源である酢酸菌を豊富に含んだリンゴ酢を取り扱っています。
ぜひチェックしてみてくださいね。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

コンテンツ、写真撮影担当。暇があったらキッチンで発酵食品や保存食品を作ったり、写真を撮ったりしています。趣味は一人で映画に行くこと。