黒豆酢の作り方|レシピ

記事の監修

この記事は管理栄養士の方に監修していただいています

管理栄養士

鶴田ようこ

調理師・管理栄養士。2つの資格を生かし食用油脂製造会社にて品質管理に従事。
菜種油、オリーブ油の品質に関する分析、衛生管理等を行う。
幼い頃から野菜作りの手伝いをしていたことから、季節の野菜料理が得意。

黒豆の酢漬け

手軽に作れて気軽につまめる、ヘルシーな一品です。そのまま食べるのはもちろん、サラダなどにトッピングしても美味しく頂けますよ。黒豆が焦げないように、フライパンをゆすりながら煎るのがポイントです。
4.8 from 10 votes
調理時間 25 mins
材料(人分) 4

材料
  

  • 黒豆 200 g
  • 300 g
  • はちみつ 適量

作り方
 

  • 黒豆を水洗いし、クッキングペーパーで水気をふき取ります。
  • フライパンに黒豆を入れます。最初は水気を飛ばすために中火で、フライパンが乾いてきたら弱火にして15分ほど煎ります。
  • 密閉容器に冷めた黒豆を入れ、かぶるくらいの酢を注ぎ入れます。
  • 黒豆が十分に酢を含んだら、残りの酢を加えます。このときお好みでハチミツを加えると、味がまろやかになります。
  • 数時間置いたら完成です。さらに1週間ほどおくと、より味が染みて柔らかくなります。
このレシピのキーワード 酢大豆, アレンジレシピ, 黒豆, 黒豆茶

あわせて読みたい
黒豆茶の効能【冷えに効果、血管や血圧、ダイエットにも】 黒豆の栄養を手軽に摂れることで人気の黒豆茶。「黒豆茶の効果効能は?」「カフェインは入ってる?」「作り方を知りたい!」この記事で効果効能を中心に、気になる情報を幅広くお届けします。

●管理栄養士からのコメント

黒豆は、おせちにかかせない食品です。「黒豆酢」は、お酢につけるだけで簡単に作ることができ、常備菜にもなります。
黒豆には、カルシウムやカリウムなどのミネラル類、オリゴ糖や食物繊維が含まれています。また、黒豆には特有の黒豆アントシアニンが含まれ、高い抗酸化力があると言われいます。
残ったお酢には黒豆の栄養が含まれているため、ドレッシングなどで余すことなく活用してみてください。

ようこ

管理栄養士プロフィール

◎鶴田ようこ

調理師・管理栄養士。2つの資格を生かし食用油脂製造会社にて品質管理に従事。
菜種油、オリーブ油の品質に関する分析、衛生管理等を行う。
幼い頃から野菜作りの手伝いをしていたことから、季節の野菜料理が得意。

黒豆のおすすめ商品

ここではかわしま屋取扱いのおすすめの黒豆をご紹介いたします。

[colormeshop_page product_id=”162849413″ template=”default”]


[colormeshop_page product_id=”162879371″ template=”default”]


[colormeshop_page product_id=”74903999″ template=”default”]


[colormeshop_page product_id=”152529829″ template=”default”]


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

健康オタクな二児の父。週末は子供と出かけるのを楽しみにしながら毎日過ごしています。