アンケートフォーム
カタログダウンロード
かわしま屋スタッフ募集

CALENDER営業日

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

: 定休日

土曜日も発送しております。

最近のご注文

ペパーミント精油(国産エッセンシャルオイル) 10ml

販売価格 4,000円(税抜)
在庫状況 残り3本です
レビュー件数 3件

ペパーミント精油とは


信州産無農薬栽培のペパーミントを使用した天然100%の精油です。

メントールの香りでおなじみのエッセンシャルオイルです。
皮膚に刺激を与える可能性があるので使用量には注意して下さい。
ハッカの香りが濃厚なペパーミントとしてブラックペパーミントを栽培しました。


ミント


清涼感あふれるその香りは辛みと甘さを合わせ持つ気分爽快なグリーンな香りです。

国産無農薬のエッセンシャルオイルは植物のエネルギーがみなぎる、本物の香りです。
旬の香りから円熟していく香りの移り変わりをお楽しみいただけます。


【香りの系統】ハーブ系
【香りの特徴】清涼感ある気分爽快なメントールの香り
【キーワード】リフレッシュ



精油







精油(エッセンシャルオイル)とは


精油は植物から抽出する成分でエッセンシャルオイルとも呼ばれています。

揮発性の芳香物質を含むもので、芳香物質を合成する部位が植物によって異なるため、精油の抽出部位・抽出方法はそれぞれ異なります。かわしま屋の精油は、全草・花・果皮・樹脂から、水蒸気蒸留法や低温トラップ法などによって丹念に抽出したものです。

そのまま香りを楽しんだり、希釈して肌につけることもできます。
植物がつくりだす香りはときに私たちをリラックスさせ、ときに私たちを元気づけてくれます。
気分や、お好みにあわせてお選びください。


エッセンシャルオイルとは





エッセンシャルオイルの楽しみ方





ハンカチやマグカップで


ハンカチやコットン、またはマスクにエッセンシャルオイルを1〜2滴落とし、机やテーブルの上などに置いて香りを楽しみます。

お部屋の空気を手早くリフレッシュしたいときは、熱湯を入れたマグカップに、エッセンシャルオイルを3〜5滴。お湯の熱でオイルが揮発し、香りがお部屋全体に広がっていきます


アロマスプレー


1本作っておくと、リビングやキッチン、玄関など、どこでも使えて大変便利です。
市販のスプレーボトルに水道水100mlを入れ、そこにエッセンシャルオイルを合計10〜20滴加えます。使うたびによく振ってからスプレーしましょう。

おすすめは、レモンやオレンジなどの柑橘系を中心としたブレンド(もちろん単独でもOKです)。
ラベンダーやペパーミントなどとの相性はもちろん、ユーカリやティートゥリーを加えれば、家中で使える頼もしい除菌消臭スプレーになってくれます。


【ポイント!】
*無水エタノール(薬局で手に入ります)を全体の10%程度使用すると、エッセンシャルオイル(精油)と水がよく混ざるようになります。先にエタノールとオイルを混ぜてから、水を加えましょう。
*スプレーボトルはガラス製のほか、ポリエチレン(PE)やペット(PET)樹脂製も使用できます。


アロマバス


バスタブにはったお湯に、エッセンシャルオイルを合計3〜6滴(半身浴の場合は2〜3滴)。
よくかき混ぜ拡散させてから入浴します。あらかじめエッセンシャルオイル(精油)を小さじ1杯程度のホホバオイルに混ぜてからお湯に入れると、全体によく広がり、肌への刺激も緩和させ、ホホバオイルの保湿効果で入浴後のお肌もしっとりとします。


【気をつけること】
*精油の中には、ペパーミントなど、入浴に用いると敏感な肌を刺激する可能性を持つものがあります。各オイル詳細ページの注意事項を確認してください。また、その他のオイルについても、人によって刺激を感じることがありますので、初めて使用するオイルは、2〜3滴程度のごく少量から導入されることをおすすめします。


手作り化粧水


お肌への水分補給は、スキンケアに欠かすことができません。精製水とエッセンシャルオイルを使えば、植物由来成分100%、お気に入りの香りの無添加スキンローションを手軽に作ることができます。

■ しっとりタイプ
【材料(50ml分)】
・精製水又はハーブウォーター: 45ml
・グリセリン又はホホバオイル: 5ml
・精油:5滴
 
【作り方】
1.グリセリン、又はキャリアオイルに精油を混ぜる
2.精製水、又はフローラルウォーターも混ぜる
3.使用する直前によく振ってから塗布する

■ さっぱりタイプ
【材料(50ml分)】
・精製水又はハーブウォーター: 40ml
・グリセリン: 5ml
・無水エタノール:5ml
・精油:5滴
 
【作り方】
1.無水エタノールに精油を混ぜる
2.精製水、又はハーブウォーターとグリセリンも混ぜる
3.使用する直前によく振ってから塗布する


【気をつけること】
*スキンケアに精油を用いる場合は、必ず事前のパッチテストを行ってください。
*柑橘系のエッセンシャルオイル(精油)は、光に反応して肌を刺激する可能性がありますので、ローションに加えた場合は、日中のお出かけ前に使用しないでください。
*オイルと水は分離しますので、必ず使用の直前によく振ってください。また、保存料などを一切含んでおりませんので、作ったローションは冷暗所に保存して、2週間以内に使い切るようにしましょう。


ディフューザー・アロマランプ


ディフューザーは、長時間香りと楽しむのにおすすめです。
また、アロマランプはランプの温かな光に癒されながら、香りを楽しむことができます。


アロママッサージ


ホホバオイルにエッセンシャルオイルを希釈してマッサージオイルを作り、身体に塗布してマッサージを行います。深い精神的リラックス効果をもたらすと共に、体液の流れを促進しながら、皮膚からエッセンシャルオイルの成分を体内に浸透させることで、高いアロマテラピー効果を心身に取り入れることができます。

【気をつけること】
エッセンシャルオイルの濃度が高すぎると、お肌を刺激するなどトラブルになる場合があります。マッサージオイルは、濃度1%以下になるように作ってください。

3歳未満の赤ちゃんに対しては、エッセンシャルオイル(精油)を使ったマッサージは行わないようにして下さい。


ハウスキーピング


洗濯に
すすぎ水にティートリーやラベンダーのエッセンシャルオイルを加えれば、洗濯物の除菌ができ、部屋干ししたときのいやなにおいを防ぐことができます。

キッチン
カウンターやシンク、コンロまわりの拭き掃除には、みかんやレモンなどの柑橘系オイルがおすすめ。さわやかな香りが広がるだけでなく、べたつきがちな部分もさっぱりと拭きあがり、除菌にも効果を発揮します。水またはぬるま湯に3〜4滴落として使いましょう(敏感肌の方は手袋を)。
また、排水口やゴミ箱には、ティートリーやペパーミントなどのエッセンシャルオイルを数滴垂らしておくと、においの発生と雑菌の繁殖を防ぐことができます。

拭き掃除に
バケツの水にティートリーやラベンダーなどのエッセンシャルオイルを3〜4滴落とし、床や壁を拭きます。天然の成分だけで除菌ができるので、お子様のいるお部屋でも安心です。

お風呂のカビ除け
市販のスプレーボトルに無水エタノール(薬局で手に入ります)50mlを入れ、抗真菌作用のあるティートリー、レモングラスなどのエッセンシャルオイルを10滴加えてよく混ぜます。浴室使用後、冷たい水で壁や床を流して温度を下げたあとに、カビの生えやすい場所にスプレーして使いましょう。
スプレーボトルはガラス製のほか、ポリエチレン(PE)やペット(PET)樹脂製も使用できます。

衣類の防虫
植物が持つ昆虫忌避作用を、衣類の防虫に活かす方法ですラベンダーなどのエッセンシャルオイルをティッシュやコットンに数滴落とし、衣類に直接触れないようにして、タンスやクローゼットにしまっておきます。2ヵ月程度を目安にオイルを足すようにしましょう。






精油(エッセンシャルオイル)は全12種類



精油12種類

ローズマリー
ゼラニウム
ラベンダー(オカムラサキ)
レモンティートリー
ラベンダー ラバンジン グロッソ
スペアミント
ティートリー
ペパーミント
ゆず
温州みかん
はっさく
ジャーマンカモミール







エッセンシャルオイル(精油)の抽出方法


多くの精油は「水蒸気蒸留法」という方法を使って抽出します。
原料となる植物を蒸留釜に入れて水蒸気を当て、後で冷やして水とオイルを分離します。大掛かりな道具が必要ですので、これをご家庭で行なうのは大変でしょう。

水蒸気蒸留法
葉や全草、木などから精油を抽出する場合に用いられます。原料となる植物を蒸留釜に入れ、下から水蒸気を通します。芳香成分を含んだ水蒸気を冷却管で冷やし、水と分離するとエッセンシャルオイル(精油)が得られます。一緒に得られる水はフローラルウォーター(ハーブウォーター)と呼ばれ、水溶性の芳香成分が溶け込んでおり、わずかに香りがあります。
水蒸気蒸留法は、現在、最も多く使用されている抽出方法です。


ハーブイメージ



ローズマリー精油 開発者「農学博士 川上晃さん」について


不要な原料をできるだけ使わず、肌に負担をかけない
化粧品づくりを目指している「樹万培」。

安全な原料を使って化粧品をつくりたい…という想いで、
製品に使用する植物を自社農園で無農薬栽培する化粧品メーカーです。

川上晃さんは農学博士としての知識を活かし、
「樹万培」のすべての化粧品を自ら処方しています。
原料の安全性までさかのぼって正しい情報をすべて公開しているので、
イメージ先行の一般的な自然派化粧品では満足できない方に支持されています。


花畑




お支払い



ペパーミント精油の注意点



ペパーミント精油(国産エッセンシャルオイル) 10ml



■製品名:ペパーミント精油
■内容量:10ml
■抽出方法:水蒸気蒸留法
■主成分:L-メントン・1.8シネオール・イソメントン・L -メントールなど
■産地:長野県
■製造元:樹万培
・効果・効能については、個人差があります
・合わない場合は、利用を中止し医師に相談してください




エッセンシャルオイル使用上の注意

■ 天然精油は紫外線の影響で香りが変わる場合があります。直射日光や
  高温低温・多湿を避けて保管してください。また開封後はお早めにご使用ください。
■ 原液を皮膚・粘膜に直接つけないでください。
■ 飲み物ではありません。飲用しないでください。
■ お子様の手の届かないところで保管してください。
■ 火気には十分ご注意ください。



JANコード a1905
販売価格 4,000円(税抜)
在庫状況 残り3本です
購入数

ペパーミント精油(国産エッセンシャルオイル) 10ml の感想

    瀬戸 寿々花 (40代・女性)

ハッカの香りが好きな人はすごくリラックスできると思います。数滴でもしっかり香るので良いですね。

ペパーミント精油(国産エッセンシャルオイル) 10ml の感想

    豊田 佳乃 (50代・女性)

ミントのスーッとした香りに頭がスッキリし集中力UPです。勉強をしている時は必ず焚いています。

ペパーミント精油(国産エッセンシャルオイル) 10ml の感想

    林田 亜希 (40代・女性)

期待以上の香りでした。また購入します!




ご利用ガイド

お支払い方法

下記のいずれかの方法をお選びいただけます。

クレジットカード
クレジットカード
銀行振込
代引引換
Amazon Pay
楽天ペイ
ショップポイント


お支払い方法について詳しくみる

送料

7,900円以上お買い上げの場合は、送料無料とさせていただきます。
※沖縄県への発送は18,000円以上のお買い上げで送料無料とさせていただきます。

お買い上げの総額が7,900円未満の場合は、全国530円〜で配送いたします。

【配送料金表】 税抜表示
・関東:530円
・東北・信越・北陸・中部・近畿:550円
・中国:650円
・四国:750円
・九州・北海道:850円
・沖縄:2,700円

送料無料商品をご購入いただきますと、他の商品も送料無料でお届けいたします(沖縄は除く)。
※メール便は上記には該当しません。

メール便と普通便の商品を同時にご購入いただいた場合は、普通便の送料 (お買い上げ総額が7,900円未満の場合は全国530円〜)が発生いたします。

送料について詳しくみる

配送方法/発送について

商品は『クロネコ宅急便』、メール便対応商品は『クロネコDM便』を利用して発送いたします。
配送方法

商品に欠品がなければ、原則ご注文いただいた翌日には商品を発送いたします。

商品の注文が殺到している場合などは発送が遅れる場合がございます。その場合はメールにてご連絡を差し上げます。

年末年始や祝祭日の連休などで発送が遅れる場合は発送のお知らせメールにてお知らせいたします。

銀行振り込みの場合は、ご入金確認後に商品を発送いたします。

配送方法について詳しくみる

配送日時のご指定

商品の配送日と配送時間帯をご指定いただけます。
配送指定時間帯

配送日時指定について詳しくみる

返品・交換について

取扱商品は食品が主のため「不良品」や「欠損品」を除き、商品の返品及び交換はお受け出来ません。

「不良品」「欠損品」及び「商品誤発送」の場合、返品送料は弊社にて負担いたします。

返品をご希望の方は、商品到着後5日以内にメールにてご連絡ください。

ご連絡なきご返品及び上記期限を経過した場合のご返品はお受け出来かねます。予めご了承ください。

セキュリティー・個人情報の保護

かわしま屋では、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。安心してお買物をお楽しみ下さい。

お客様の個人情報を運送会社や決済管理会社など以外の第三者に開示もしくは提供することは一切いたしません。

お問い合わせ・ご連絡

かわしま屋
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀4-17-8
お電話でのお問い合わせ
E-mail: shop(at)kawashima-ya.jp
オンラインショップ: https://kawashima-ya.jp/

>