無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

かわしま屋が選ぶ、夏バテに効く食材3選

かわしま屋おすすめ。夏バテに効く食材3つ

夏バテ レッサーパンダ
*注 この記事は2017年に書かれた物です。

8月に入り、東京も暑くなりました。かわしま屋の河島です。

気になりますね。松居一代さんの動画。
船越英一郎さんの行く末が心配で心配で朝も起きられません。
湿気で夜も寝苦しいし。

寝苦しい夜と、暑い昼がつづき、夏バテ気味の方も多いと思います。

ここでは、過酷な夏でも元気に過ごすためにおすすめの食材をご紹介します。
紹介している食材は、かわしま屋が扱う10,000点を超える商品の中でも、
特に僕が気に入っていて、毎日食べているものです。

夏バテ対策におすすめの食材その1.梅肉エキス

夏バテ対策 梅肉エキス
この梅肉エキスを朝と夜(食後に)スプーンの半分ぐらい(おそらく3gぐらい)を
なめています。

これを飲み始めてからは、
元気が出ないとか、食欲が無い、とか集中力が続かない、、
という事がほとんど無くなりました。

梅肉エキスにもいろいろと種類がありますが、
個人的には龍神梅の梅肉エキスが一番しっくり来ます。

和歌山県の龍神村で栽培された青梅を、収穫してすぐに
大きな釜に入れてじっくり煮込んで、ドロドロになったものが梅肉エキスです。
スプーンの先っちょに少し(1g位)乗っけて舐めただけでも、ものすごく酸っぱいです。

僕はそのままでも舐められるのですが(さんざん、辛酸をなめてきたので、、。)
梅肉エキスがはじめての方は、お湯に溶かしたり、ヨーグルトに混ぜたり、お湯に溶かしてお召し上がりいただくのが
良いかと思います。とっても酸っぱいです。

一般的に、梅肉エキスには疲労回復の効能があるとされています。
龍神の梅は農薬を一切使っていなく、抗菌力に優れているのが特徴。
龍神の梅干しもよく食べますが、疲れた時や夏の暑い時期には
この梅肉エキスが即効性があり、特におすすめです。

暑い毎日で、ダルさや疲れが抜けなくなったら一舐めしておくと良いと思います。
疲れ知らずで過ごせるんじゃないのでしょうか。

夏バテ対策におすすめの食材その2.玄米

夏バテ対策 玄米

一年中食べている玄米ですが、夏の間は特におすすめです。

玄米もたくさん種類があるのですが、選ぶなら無農薬で栽培されたものが良いでしょう。
お米の胚芽部分には農薬が貯まってしまう事が多く、
玄米を食べると、その胚芽も一緒に摂取することになるからです。

僕は熊本の緒方さんのヒノヒカリか
秋田の須田さんのササニシキを玄米で食べています。

*写真は須田農園のササニシキ玄米です。

玄米に小豆か大豆を混ぜて炊き、
炊きおわった玄米に黒ゴマをすって、さらに梅干しをのせてたべています。

玄米には身体の調子を整える、ビタミンB群やミネラルが豊富です。
夏の暑さで体の免疫力や抵抗力も下がっているときに、特におすすめです。

緒方さんのヒノヒカリ玄米も須田さんのササニシキ玄米も
触感が良く、噛むたびに脳と身体の細胞が活性化されるような気持ちになります。

夏バテ対策 玄米

自分に合った玄米に出会った以降は、
白米を食べても、触感や食後に感じる満足感などに物足りさを感じるようになりました。
玄米が食べられないという理由で、外食をする機会も減りました。

須田さんのつくるササニシキは白米で食べてもすごく美味しいです。
家の子どもたちは須田さんのササニシキ(白米の方)がお気に入りです。
ちなみに我が家は妻も子どもも玄米が苦手なので、
玄米用と白米用に炊飯器を2台体制でお米を炊いています。

夏バテ対策におすすめの食材その3.黒ゴマ

先ほどの玄米にも、みそ汁にも、炒め物にも大体のものに黒ゴマをすりきですってかけています。

ゴマにも玄米にもビタミンB1が豊富に含まれており、この2つは夏バテ対策に最強の組み合わせとも言えます。
ビタミンB1は身体中の老廃物を代謝して、疲労を回復させてくれる働きがあります。
胃腸の消化・吸収能力の改善にも役立つので、食欲がないときにもゴマがおすすめです。

ゴマにもいろいろと種類がありますが、お気に入りは鹿北精油の黒ゴマです。
この鹿北精油の黒ゴマをすり器に入れ、あらゆる料理にかけています。

まとめ

ここでご紹介した食べ物は、夏に限らず一年中おすすめです。
暑くて食欲がない、、という場合は梅肉エキスを少しだけ舐めてみるのがおすすめです。

玄米や梅干し、黒ゴマを頻繁に食べるようになって以来、
「疲れた、、。」と感じる事が劇的に減りました。

ここ数年の間、かわしま屋も順調に成長して、子ども(長女と次男)も授かり
とても有難く感じています。

一方で、仕事や家庭で何かと心に傷を負う頻度も増えてきました。。
激しく落ちむことも多々あります。

そんな時でも上記の物をしっかり食べて、お風呂に入って、良く眠ると、
翌朝には傷が癒え、再び体中、活力が溢れかえっているから不思議です。

みなさんの夏の疲れた身体の回復にもきっと役立つと思います。
良かったら試してみてください。

夏バテ対策におすすめの食材

ここで紹介している食材は以下のぺージからもご注文いただけます。

梅肉エキス 龍神
梅肉エキス
(和歌山県 龍神梅)
無農薬・無化学肥料の龍神梅をすりおろし、じっくり時間をかけて煮詰めた無添加梅肉エキス。
青梅1kgからわずか20~25g程度しか出来ません。 梅の有効成分がギュギュッと濃縮された貴重品です。
価格:1980円(税抜)
容量:50g
商品ページはこちら
無農薬玄米 ササニシキ
無農薬玄米 ササニシキ
(秋田県 須田農園)

無農薬、無化学肥料で栽培された美味しくて滋養に富んだササニシキ玄米。秋田県由利本荘市の須田農園にて栽培されました。
価格:1,124円(税抜)
容量:1000g
商品ページはこちら
無農薬玄米 ヒノヒカリ
無農薬玄米ヒノヒカリ
(熊本県 緒方農園)

20年前後の長い間、農薬や化学肥料、除草剤など使用していない農地で育ちました。熊本県の緒方農園にて栽培されました。
価格:4,980円(税抜)
容量:5000g
商品ページはこちら
釜炒り黒ごま 鹿北製油
釜炒り黒ごま
(鹿児島県鹿北製油)

契約栽培した環境保全型農法の国内産ごまを使用。薪を焚いて釜でじっくり煎っていますので、風味とおいしさが違います。
価格:500円(税抜)
容量:40g
商品ページはこちら

>>その他の夏バテ対策食材もご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

東京都出身。酉年生まれ。2児の父。趣味は読書と散歩と足のつぼ押し。
洗濯物をたたむのが苦手。煮豆と井上陽水が好き。