定番はちみつレモンの作り方|はちみつ活用レシピ



はちみつレモン

とろりと甘く、お料理やお菓子作りにも活用できるはちみつ。
はちみつは、ビタミンやミネラル、アミノ酸や有機酸を含んでいるので、代表的な甘味である砂糖よりも健康的です。
こちらの記事では、はちみつレモンの作り方をご紹介します。ドリンクにしたり、ヨーグルトにかけたり様々なアレンジが楽しめます。

はちみつレモンの作り方

はちみつレモン漬け

レモンのはちみつ漬け

そのまま食べてもよし。炭酸水で割ったり、ヨーグルトにかけても美味しいです。
4.44 from 16 votes

必要な道具

  • 保存瓶

材料
  

  • レモン 2
  • はちみつ(レモンが浸かるくらい) 150 g

作り方
 

  • 保存瓶は消毒して、よく乾かしておきます。
  • レモンをよく洗い、水気を拭きます。ヘタを切り落として、薄い輪切りにします。種は取り除きます。
  • 保存瓶にレモンを入れて、レモンが浸る量のはちみつを入れます。
  • 冷蔵庫で一晩以上寝かせれば出来上がりです。
  • はちみつが底に溜まるので、時々かき混ぜるか、上下をさかさまにしてください。

コツ・ポイント

レモンは防腐剤やワックスが使用されていない、国産のものを選びましょう。汚れやワックスが気になる場合、塩で揉みこむように洗い、水でよく洗い流してください。

はちみつの効果・効能

はちみつ

古くから健康を助ける「生薬」として、重宝されてきたはちみつ。
はちみつで思いつく栄養素は、やはり糖分ですが、実は他にもさまざまな栄養素が含まれています。
こちらの記事では、はちみつの栄養成分や健康効果について詳しくご紹介しております。

あわせて読みたい
はちみつの効果・効能|食べ続けるメリットとデメリットは? 健康効果の高いはちみつですが、具体的にはどんな効果・効能があるのでしょうか?また、赤ちゃんに与えると危険と言われているはちみつですが、何歳からはちみつを食べられるのか、はちみつを料理に取り入れるポイントや健康効果、食べる際の注意点までご紹介します。

おすすめのはちみつ

はちみつ本来の殺菌作用や栄養効果を得るためには、「純粋はちみつ」を選びましょう。
「純粋はちみつ」とは、加工をしていない自然なままのはちみつのことです。
おすすめの国産純粋はちみつをご紹介します。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

ビールが大好きな2児の母。趣味はキャンプ。
玄米食に変えてから体の調子がいいです。