Go Back
はちみつ湯せん

はちみつの溶かし方(湯せんする方法)

はちみつが固まってしまった時の溶かし方をご紹介します。
5 from 5 votes
調理時間 1 hr

必要な道具

  • スプーン

材料
  

  • 固まってしまったはちみつ
  • お湯(45℃~50℃)

作り方
 

  • 鍋に45℃~50℃のお湯を入れ、固まったはちみつを容器ごと入れます。はちみつ容器を入れたときに、水面が容器より下になる量が適量です。
  • はちみつ容器のふたを開け、スプーンや箸でかき混ぜながら溶かしてます。
  • お湯の温度が下がった際は、鍋を弱火にかけます。火からおろし、お湯が45℃~50℃になったら、火を止め2の工程を繰り返してください。
  • 溶かし方が中途半端だと、再び結晶化してしまうので完全に溶かしましょう。
    30分~1時間ほどできれいに溶けます。

コツ・ポイント

はちみつは50℃以上になると酵素が失活してしまい、本来もつ栄養成分が壊れてしまいます。
時間はかかりますが、50℃(手をぎりぎり入れられるくらいの温度)以下で湯せんしてください。
このレシピのキーワード はちみつ, はちみつ溶かし方, 蜂蜜