Go Back
+ servings

発芽玄米の簡単な作り方

基本の作り方です。玄米を水につけて発芽させる「発芽玄米」。発芽させることでお米に甘みや旨みが加わり、機能成分もアップします。
3.85 from 13 votes
材料(人分) 4

材料
  

  • 玄米 2
  • 適量
  • 塩(炊飯用) 2 g(小さじ½)

作り方
 

  • 【玄米の下準備】
    ボウルに玄米を入れて水を注ぎ、もみがらやゴミなどを見つけたら取り除きましょう。 水を2~3回取り替えながら洗い、すすぎます。米が水を吸うので、使用する水は浄水器の水などがおすすめです。
    玄米
  •  【玄米の発芽】
    6時間おきにボウルの水を取り替えながら浸水させます。
    気温が高い時期はこまめに水を取り替えることで臭いが出るのを防ぎます。
  •  玄米の胚芽部分がぷっくりと膨らんできたら発芽玄米の完成です。水から上げて軽くすすぎます。
    ●浸水時間のめやす
    浸水時間は季節(水温)や米の品種などによっても変わりますが、半日~24時間程度で発芽します。 水温が低い場合は、より長時間の浸水が必要です。
  • 【発芽玄米の保存方法】
    作った発芽玄米は冷蔵庫で保存しましょう。常温だと、どんどん芽が出てしまいます。発芽玄米をすすいでよく水を切り、キッチンペーパーなどの上に置いて乾燥させます。
  • ●冷蔵庫での保存は1週間がめやすです。
    乾燥した発芽玄米をタッパなどの密閉容器に入れて冷蔵庫で保存します。炊くときは、必要な分だけ取り出して水でしっかりと洗いましょう。
    ●冷凍庫での保存は、長期間保存したい場合におすすめです。
    発芽玄米を1回に使う量に小分けしポリ袋などに入れつと便利です。解凍して炊くときも、水でしっかりと洗いましょう。
  • 【発芽玄米の炊き方】
    発芽玄米の水を切り、炊飯ジャーの内釜に入れます。
    ジャーに記載されている2合の目盛りまで水を入れます。
    塩をひとつまみ入れ、やさしくかき混ぜます。
    炊飯器の「玄米モード」で炊き上げます。
    「玄米モード」がない場合は「白米モード」でも構いません。
    玄米

コツ・ポイント

【発芽玄米をおいしく炊くポイント】
  • 1,玄米の発芽が完了し炊飯する前には水でしっかりと洗う。玄米の発芽が完了し炊飯する前には、水でしっかりと洗いましょう。充分に洗うことで、ぬか臭さが残すことなく香りよく炊けます。
  • 2,少量の塩を入れて炊飯する。もともと玄米のもつカリウムの苦みを塩のナトリウムによって中和させるためです。また食感もよく炊き上がります。
このレシピのキーワード 玄米, 発芽玄米