「温めスパイス」八角の使い方と効能|色んな料理へ活用できる?

こちらの記事もオススメ

クミンの効能と使い方。カレー以外に活用できるレシピは?

独特の香りでカレーになくてはならないスパイス・クミン。 実は伝統的に薬として使われてきた歴史があり、「馬芹(バキン)」という生薬名ももっているってご存知でしたか? カレーに1さじ加えれば、手軽に香り高く本格的な味を楽しめるだけでなく、気になる症状を改善してくれるかも…?! 今回は、クミンの効果・効能に加え、使い方やカレー以外に応用できるレシピをご紹介します。

ナツメグの使い方と効能|大量摂取で幻覚作用も?!

肉料理からデザートまで、幅広いメニューで活躍するナツメグ。 欧米のクリスマスにも欠かせない暖かな香りが魅力のスパイスですが、実は「大量に摂取すると危険」という情報も…?! 今回は、ナツメグの使い方や効能に加え、「ナツメグの代用となるスパイスは?」「ナツメグが幻覚を見せるってホント?」など気になる情報をご紹介していきます。

サフランの使い方と効能|代用できるスパイスはあるの?

古くから人々の暮らしとともにあったスパイス類の中でも、最も古い歴史をもつといわれるサフラン。 その存在はさまざまな文献や壁画にも描かれ、古代ギリシアでは女神に奉納する衣をサフランで染めたというエピソードをもつなど、どこか古代のロマンを感じさせるスパイスです。 一方現代では、サフランといえば「サフランライス」のイメージしかないという方も多いのでは? 今回は、実は薬として使われてきたサフランの効果・効能と、そのさまざまな使い方についてご紹介していきます!

花椒(ホアジャオ)の使い方|どんな味や香り?合う料理とは

スーパーで手に入る身近なスパイスであるにも関わらず、なかなか手を出しづらい「花椒」。でも、実は今、ハマる人続出の注目スパイスなんです。今日は、花椒と山椒の違い、花椒の効能・効能、保存方法と賞味期限、さらに花椒をつかった簡単でおいしいレシピをご紹介します。

シナモン|5つの効果・効能と許容摂取量、美味しいレシピご紹介

あま~い香りでスイーツ気分を盛り上げてくれるスパイス、シナモン。 シナモンが欠かせないデザートはたくさんありますよね。 でもシナモンの素晴らしさは甘い香りだけじゃないんです。 漢方薬としても使われてきたというシナモンは、身体にもうれしい効果がいっぱい! 今回はシナモンの強力な効果・効能や、気になる摂取量・副作用、レシピまで、シナモンについて情報たっぷりでお届けします。

新着記事をまとめてチェック!

乳酸菌の効果と可能性

私たちの体を守ってくれる免疫機能が集中している「腸」。大切な腸を整え、守ってくれているのが乳酸菌です。整腸作用の他にも、乳酸菌にはさまざまな効果を発揮することがわかってきました。今回は、乳酸菌に期待できる効果について詳しく紹介していきます。

黒にんにくの効果・効能とは|作り方や効果なしと言われる要因を検証

国内外から健康食品として注目されている黒にんにくをご存知ですか。現在、黒にんにくは、市販品や手作りで比較的手軽に手に入れるようになっています。黒にんにくについて、にんにくとの違い、栄養と健康効果、作り方とその注意点、効果的な食べ方を詳しく解説します。

【10月1日開始】キャッシュレス・消費者還元制度についてのお知らせ

クレジット決済で5%還元!増税後もお得にお買い物をお楽しみいただけます。

オリーブオイル5つの効果|飲むと良いの?カロリーなどは

身近な調味料の一つのオリーブオイル。高い健康効果が注目されていますが、粗悪品や偽物が多く出回っていることを知っていましたか?本物のオリーブオイルを選ぶポイントやオリーブオイルが持つ健康効果などをご紹介いたします。

えごま油の効果・効能|危険な食べ方もあるの?

オメガ3系脂肪酸を豊富に含むことが特徴で身体に良いと言われている「えごま油」。 そのえごま油の効果効能や、気になる危険性など詳しく掲載しています。 また同じように身体に良いとされている亜麻仁油とえごま油の違いや、美味しいえごま油を見極めるコツ、えごま油を使ったレシピもご紹介しています。

酵素玄米・寝かせ玄米の作り方|炊飯器や圧力鍋で美味しく作るコツ

玄米を炊飯器で炊くだけで簡単に酵素玄米が作れます。

                   
かわしま屋メールマガジン登録

メールアドレスご登録で、

かわしま屋「オリジナル手づくり発酵レシピ集」
(定価864円相当)

を無料でプレゼントいたします。
すぐに使えるかわしま屋お買い物クーポンもプレゼント中。

氏名(必須)

MAIL(必須)