【リンゴ酢豆乳】リンゴ酢のおすすめの飲み方

      
リンゴ酢

健康へのさまざまなメリットのあるお酢。酸味が苦手な方には、フルーティーなリンゴ酢がおすすめです。 飲み方や使い方のアレンジ次第で酸味を中和できるので美味しく召し上がれます。
この記事では、簡単でおいしい豆乳リンゴ酢の作り方と、リンゴ酢を飲むタイミングについてご紹介します。

リンゴ酢豆乳

リンゴ酢豆乳

リンゴ酢と豆乳で作るドリンクです。ヨーグルトのようなトロッとした食感がクセになります。
4.29 from 95 votes
調理時間 5 mins
材料(人分) 1 人前

材料
  

  • リンゴ酢 大さじ 1
  • はちみつ 大さじ 1
  • 豆乳 150 ml

作り方
 

  • グラスにリンゴ酢とはちみつを入れます。
  • 豆乳を注いでよく混ぜます。 お酢にはタンパク質を凝固させる性質があるので、トロッとしてきます。

コツ・ポイント

リンゴ酢は、原料のリンゴをゆっくりと時間をかけて自然発酵させた醸造酢です。日本では「リンゴ酢」、海外では「アップルサイダービネガー」と呼ばれています。
このレシピのキーワード 酢ドリンク, リンゴ酢, 豆乳, 飲む酢, アップルサイダービネガー

リンゴ酢豆乳におすすめ!さっぱりとしたリンゴ酢

リンゴ酢を飲むタイミング

リンゴ酢

リンゴ酢を飲むタイミングに特に決まりはありませんが、食事中や運動後に摂取するとリンゴ酢に含まれている酢酸の効果をより発揮することができます。

食事と一緒に

酢酸は体の中で脂肪が作られるときに働く酵素を邪魔するので、コレステロールや中性脂肪など血液中の脂質の過剰な増加を予防します。 脂っこいものを食べたときや炭水化物が多い食事をとったときに、リンゴ酢をプラスするのがおすすめです。
また、酢酸は胃や腸の働きを促し消化液の分泌をスムーズにしてくれるので、食欲がないときに酢の物を食べると食事が進みやすくなるでしょう。

運動後に

リンゴ酢に含まれるクエン酸には、運動したことによって生じる疲労のもとになる老廃物の代謝を促す作用があると言われているため、運動後に飲むと体の疲労感を和らげてくれるでしょう。 長距離のマラソンなど、体に負荷の高い運動を行なった後にリンゴ酢入りのドリンクを飲むと効果を感じやすいかもしれません。

リンゴ酢のおすすめ商品

お酢の健康効果の要となる酢酸菌(マザー)を極力取り除かないように配慮し、無濾過・非加熱の製法でじっくりと造られ他リンゴ酢です。
毎日の健康習慣にフルーティーで飲みやすいリンゴ酢をプラスしてみてはいかがでしょうか。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

コンテンツ、写真撮影担当。暇があったらキッチンで発酵食品や保存食品を作ったり、写真を撮ったりしています。趣味は一人で映画に行くこと。