リンゴ酢はダイエットに効果的?飲み方や飲むタイミングを解説



記事の監修

この記事は管理栄養士の方に監修していただいています

管理栄養士

鶴田ようこ

調理師・管理栄養士。2つの資格を生かし食用油脂製造会社にて品質管理に従事。
菜種油、オリーブ油の品質に関する分析、衛生管理等を行う。
幼い頃から野菜作りの手伝いをしていたことから、季節の野菜料理が得意。

摂ることでさまざまな健康効果のあるお酢ですが、お酢の中でも特に人気の高いリンゴ酢にはダイエット効果があるのでしょうか?
この記事では、リンゴ酢にダイエット効果が期待できる理由や摂るタイミング、リンゴ酢ダイエットのコツついてご紹介します。

リンゴ酢ダイエットとは?

「リンゴ酢ダイエット」とは、ダイエット効果が期待されるリンゴ酢を積極的に摂取することで、健康的に体重を減少させるダイエット法です。
リンゴ酢は、リンゴを発酵させて造られるお酢で、ミネラルや酢酸が豊富に含まれています。特に、リンゴ酢に含まれる酢酸には脂肪の蓄積を抑制し、新陳代謝を活発にするとされています。
このダイエット法は、リンゴ酢を飲む、または料理に加えるなどして日常の食事に簡単に取り入れられます。
ただし、リンゴ酢だけに頼るのではなく、バランスの取れた食事と適度な運動も併せて行うことが重要です。

リンゴ酢にダイエット効果が期待できる理由

リンゴ酢

リンゴ酢にはダイエットをサポートする効果として以下のような作用があります。

・血糖値の上昇を抑える
・新陳代謝を活発にする
・食べ過ぎを防ぐ
・便秘を改善する
・むくみを改善する

それぞれの作用について解説します。

血糖値の上昇を抑える

リンゴ酢に含まれる酢酸には血糖値の急激な上昇を緩和する作用があると言われています。食後のインスリンの分泌を穏やかにすることで、血糖値の急上昇を抑え、結果的に食欲のコントロールに役立つと考えられています。
この働きは、特に炭水化物を多く含む食事を摂った際に効果的です。

参考:日本糖尿病学会誌「食酢の食後血糖上昇抑制効果」

食べ過ぎを防ぐ

1つ目にご紹介した「血糖値の上昇を抑える」作用は、摂取した糖が小腸でゆっくりと吸収されるために起こるものです。
つまり、リンゴ酢を摂ると糖が小腸の中に留まる時間が長くなるため、満腹感が長続きすると考えられています。リンゴ酢は、食べ過ぎや間食を防ぐのに一役買ってくれるかもしれません。

新陳代謝を活発にする

リンゴ酢には体の代謝を促進する効果があるとされています。酢酸が脂肪燃焼を助ける役割を果たすことで、全体的なエネルギー消費量が増加し、新陳代謝が活発になる可能性があります。
リンゴ酢の定期的な摂取は代謝の向上につながり、ダイエットサポートに効果的であると期待できます。

参考:日本栄養・食糧学会誌「酢酸の生理機能性」

便秘を改善する

リンゴ酢には消化を助ける効果があるとされ、特にリンゴ酢に含まれる酢酸菌が腸内環境を整えるのに役立つと考えられています。
リンゴ酢を定期的に摂取することで、便秘の緩和が期待でき、消化促進によりダイエットにも良い影響を与える可能性があります。

参考:日本醸造協会誌「酢の機能性について」

むくみを改善する

リンゴ酢にはカリウムが含まれており、カリウムは体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるため、むくみの解消に役立つでしょう。
また、リンゴ酢を水で薄めて摂取することで、利尿作用を促し、体内の水分バランスを改善することができると言われています。

参考:厚生労働省「e-ヘルスネット」

あわせて読みたい
リンゴ酢の効果とは?ダイエットにいい?おすすめのドリンク&料理レシピも紹介 健康に良いといわれるお酢ですが、酸味が苦手な方にはフルーティーなリンゴ酢なら取り入れやすくおすすめです。そこでこの記事では、リンゴ酢に注目して管理栄養士が飲むメリットを解説し、おすすめのレシピをドリンクや料理に分けて紹介しています。

あわせて読みたい
酢の効果とは?とりすぎのデメリットと注意点も紹介 酢に含まれた健康効果・効能をご紹介いたします。飲み過ぎのデメリットや酢酸成分について、飲み方の注意点も含めて徹底解説!酢を使ったレシピもご紹介します。

ダイエットにおすすめのリンゴ酢


リンゴ酢ダイエットの方法

リンゴ酢

さまざまな面でダイエットをサポートしてくれるリンゴ酢。こちらでは、リンゴ酢を安全かつ効果的に摂取する適正量、効果的なタイミング、そして美味しく続けるための摂り方を紹介します。

1日の適正摂取量

リンゴ酢の適正摂取量は、一般的に1日大さじ1~2杯(約15~30ml)が目安とされています。

摂るタイミング

リンゴ酢を飲むのは食事中や食後がおすすめです。食べたものの消化をサポートしたり、食後の血糖値の急激な上昇を防いでくれたりするでしょう。料理に使うのもいいですね。

摂り方

リンゴ酢をそのまま飲んだり過剰摂取をしたりすると胃腸に負担をかける恐れがあります。1日大さじ1~2杯を目安に水などで薄めて飲むか、料理に使用するようにしてください。

リンゴ酢ダイエットのコツ

リンゴ酢ダイエットを効果的に行うためにはどのような点に気をつけたらいいのでしょうか。こちらではリンゴ酢ダイエットの効果を実感しやすくするコツを2つ紹介します。

添加物の入っていないリンゴ酢を選ぶ

リンゴ酢の中には飲みやすくするために甘味料などの添加物がたくさん入った商品も少なくありません。ダイエットを目的に飲むのであれば、極力添加物の入っていないリンゴ酢を選ぶのが望ましいでしょう。

毎日摂る

リンゴ酢ダイエットはすぐに効果が出るダイエット法ではありません。そのため、毎日継続してリンゴ酢を摂取することが大切です。
習慣化のために、まずは毎日同じタイミングでリンゴ酢を摂るように意識してみましょう。例えば、リンゴ酢を牛乳で割って朝食に飲んだり、昼食にはリンゴ酢を使ったドレッシングをかけたサラダを食べたりするなど、続けやすい方法があるはずです。
以下、リンゴ酢を使ったおすすめのレシピを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

リンゴ酢サワー

はちみつリンゴ酢

リンゴ酢とはちみつで作るさっぱり甘いサワードリンクです。小腹が空いたときにもおすすめ。
3.58 from 40 votes
調理時間 5 mins
材料(人分) 1

材料
  

  • リンゴ酢 大さじ 1
  • はちみつ 大さじ 1
  • 200 cc

作り方
 

  • グラスにりんご酢とはちみつを入れます。
  • 水を注いでよく混ぜます。

動画

コツ・ポイント

・水の代わりに同量の炭酸水で割っても美味しくお召し上がりいただけます。
リンゴ酢は、原料のリンゴをゆっくりと時間をかけて自然発酵させた醸造酢です。日本では「リンゴ酢」、海外では「アップルサイダービネガー」と呼ばれています。
このレシピのキーワード 酢, 酢ドリンク, リンゴ酢, はちみつ, 飲む酢, アップルサイダービネガー

ホットリンゴ酢

ホットリンゴ酢

温かいリンゴ酢ドリンクは、寒い時期だけではなく、冷房で体を冷やしてしまいがちな夏にもおすすめです!お湯で多少酸味が飛ぶので、酸味が苦手な方でも飲みやすいです。
3.91 from 61 votes
調理時間 3 mins
材料(人分) 1 人前

材料
  

  • リンゴ酢 大さじ 1
  • はちみつ 大さじ 2
  • お湯 150 ml

作り方
 

  • グラスにリンゴ酢とはちみつを入れます。
  • お湯を注いでよく混ぜます。

動画

コツ・ポイント

・リンゴ酢は、原料のリンゴをゆっくりと時間をかけて自然発酵させた醸造酢です。日本では「リンゴ酢」、海外では「アップルサイダービネガー」と呼ばれています。
このレシピのキーワード 酢ドリンク, リンゴ酢

リンゴ酢牛乳(アップルサイダービネガーミルク)

リンゴ酢と牛乳で作るホッとするドリンク。はちみつのやさしい甘さと牛乳のまろやかな甘みが相性抜群です。
4.18 from 81 votes
調理時間 5 mins
材料(人分) 1

材料
  

  • リンゴ酢 大さじ 1
  • はちみつ 大さじ 1
  • 牛乳 150 ml

作り方
 

  • グラスに リンゴ酢とはちみつを入れます。
  • 牛乳を加えてよく混ぜます。 お酢にはタンパク質を凝固させる性質があるので、トロッとしてきます。

コツ・ポイント

■最近よく聞くリンゴ酢(アップルサイダービネガー)とは?
果物のりんごを使った醸造酢のことです。原料のリンゴをゆっくりと時間をかけて自然発酵させたものです。日本では「リンゴ酢」海外では「アップルサイダービネガー」と呼ばれています。
■リンゴ酢牛乳の効果は?
牛乳にリンゴ酢を混ぜていただくと、まろやかな口当たりになります。酸味が苦手!という方におすすめのリンゴ酢の飲み方です。
牛乳には、ダイエット中に不足しがちのカルシウムが含まれており、リンゴ酢を混ぜることでトロッとした口当たりになり満足感を得やすくなります。
このレシピのキーワード 酢, 酢ドリンク, リンゴ酢, 牛乳, ダイエット, 飲む酢

リンゴ酢ドレッシング

リンゴ酢とオリーブオイルのドレッシング

リンゴ酢の酸味がさわやかな、レタスやトマトと相性抜群のドレッシングです。
4.28 from 37 votes
調理時間 5 mins
材料(人分) 2

材料
  

  • オリーブオイル 大さじ 2
  • リンゴ酢 大さじ 1と1/2
  • 砂糖 小さじ 1/2
  • 小さじ 1/4
  • こしょう 少々
  • 乾燥バジル 適量

作り方
 

  • オリーブオイルに砂糖、塩を加えて混ぜます。
  • リンゴ酢を加えて透明感がなくなるまでしっかり混ぜます。
  • 仕上げにこしょう、バジルを加えて完成です。お好みのサラダにかけてお召し上がりください。

コツ・ポイント

・酢と油が分離してしまうため、食べる直前に混ぜましょう。
・リンゴ酢は、原料のリンゴをゆっくりと時間をかけて自然発酵させた醸造酢です。日本では「リンゴ酢」、海外では「アップルサイダービネガー」と呼ばれています。
このレシピのキーワード リンゴ酢, オリーブオイル, ドレッシング

リンゴ酢

リンゴ酢で寒天

ダイエット中の間食や、お腹の調子を整えたい時にもおすすめです。
4.46 from 37 votes
調理時間 1 hr

材料
  

  • リンゴ酢 50 ml
  • 450 ml
  • オリゴ糖シロップ 大さじ 2
  • 寒天(粉) 4

作り方
 

  • 鍋に水と寒天を入れて火にかけます。
  • 沸いたら2分ほど煮て寒天をしっかり溶かします。
  • 火を止めてリンゴ酢とオリゴ糖シロップを加えて混ぜます。
  • 水で濡らした保存容器に流し入れます。
  • 粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やし固めて完成です。

コツ・ポイント

・リンゴ酢は、原料のリンゴをゆっくりと時間をかけて自然発酵させた醸造酢です。日本では「リンゴ酢」、海外では「アップルサイダービネガー」と呼ばれています。
このレシピのキーワード リンゴ酢

有機栽培のリンゴのみで造られたリンゴ酢はこちら

あわせて読みたい
リンゴ酢と乳酸菌を一緒に摂れる腸活ドリンクの作り方 ご紹介するレシピは、印刷も出可能です。材料の準備や、料理の目安にご活用ください。

リンゴ酢ダイエットについてのQ&A

リンゴ酢にはダイエット効果がありますか?
リンゴ酢には、脂肪を燃焼する効果をもつクエン酸とアミノ酸が含まれているため、ダイエット効果が期待できます。
リンゴ酢を運動前に飲むと、より脂肪燃焼効果が高まるでしょう。 ただし、空腹時は避けてくださいね。
リンゴ酢はいつ飲むとダイエットに効果的ですか?
リンゴ酢を糖質の多いご飯やじゃがいもと一緒に摂ると、血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。
そのため、ダイエット目的でリンゴ酢を摂るなら、食事中や食後がおすすめです。
ダイエットにおすすめのリンゴ酢の飲み方が知りたいです。
大さじ1のリンゴ酢に対して水や牛乳など150~200cc程度で割り、1日に1~2杯を飲むのがおすすめです。酸味がマイルドになるはちみつを入れるのもいいですね。
ダイエットのためにリンゴ酢を飲む場合、継続して飲み続けることが大切です。好みの味を見つけて一定期間、飲み続けてみてくださいね。
リンゴ酢はそのまま飲めますか?
リンゴ酢に含まれる酢酸には、ものを溶かす作用があるため、リンゴ酢を原液のまま飲むと歯や胃にダメージを与える可能性があります。
炭酸水や豆乳などお好きな飲み物で割って飲み、原液で摂取するのは避けましょう。

あわせて読みたい
アップルサイダービネガーとリンゴ酢はどう違う?同じものって本当? アップルサイダービネガーとリンゴ酢はどう違うのでしょうか?両者は同じものだと聞いたことがある人もいるかもしれません。この記事では、アップルサイダービネガーと...

●管理栄養士からのコメント

ほかのお酢と比べてフルーティーで取り入れやすいリンゴ酢は、ドリンクだけでなくお料理にもお使いいただけます。
お酢には、タンパク質を固める性質があるため、牛乳や豆乳に加えるとトロッとしたまろやかなドリンクになります。水割りや炭酸のお酢ドリンクが苦手な方も試してみてはいかがでしょうか。

ようこ

管理栄養士プロフィール

◎鶴田ようこ

調理師・管理栄養士。2つの資格を生かし食用油脂製造会社にて品質管理に従事。
菜種油、オリーブ油の品質に関する分析、衛生管理等を行う。
幼い頃から野菜作りの手伝いをしていたことから、季節の野菜料理が得意。

リンゴ酢ダイエットにおすすめのリンゴ酢

かわしま屋では、ダイエット効果や健康効果が期待できる酢酸菌を豊富に含んだリンゴ酢を取り扱っています。
お試しサイズもご用意していますので、ぜひチェックしてみてください。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

コンテンツ、写真撮影担当。暇があったらキッチンで発酵食品や保存食品を作ったり、写真を撮ったりしています。趣味は一人で映画に行くこと。