よもぎ葉のゆで方、アク抜き方法|レシピ

記事の監修

この記事は管理栄養士の方に監修していただいています

管理栄養士

安藤ゆりえ

老人保健施設の管理栄養士を経て、健康を維持するためには若いうちからの食生活の大切さを実感。2016年フリーランスとして活動を開始。レシピ開発や栄養指導、料理教室、食に関するコラムの執筆などを行っている。

よもぎ

腸内のデトックス効果や、血液の浄化作用があると言われるよもぎ。 生のよもぎは野趣あふれる香りが特徴ですが、あく抜きをしないで使うと渋みやエグミを感じたり、見た目も悪くなってしまいます。 天ぷらや薬味の場合はそのまま使いますが、パンやお餅などのお料理に使用する場合はあく抜きをしてください。

よもぎ葉のゆで方、アク抜き方法

よもぎのゆで方、あく抜きの方法

よもぎの葉のあく抜きの方法をご紹介します。
ゆですぎるとよもぎの香りがなくなってしまうのでご注意ください。
4.08 from 26 votes
調理時間 10 mins
材料(人分) 2

材料
  

  • よもぎ葉 適量
  • お湯 適量
  • ひとつまみ

作り方
 

  • 摘んだよもぎを水でよく洗い、汚れを落とします。
  • 鍋によもぎの5倍量の水を入れ、塩をひとつまみ入れて沸騰させます。塩を入れることで色鮮やかに、風味よく仕上がります。
  • 2によもぎを入れ、再度沸騰するまで待ちます。
  • 沸騰してしばらくし、鍋のふちに白い泡がつき、葉の裏が鮮やかな緑色になってきたら火を止めます。
  • よもぎを取り出して冷水にさっとさらし、水気を絞ります。

コツ・ポイント

あく抜きをしたよもぎを細かく刻み、冷凍保存をしておくと必要な時にさっと使えて便利です。
このレシピのキーワード よもぎチンキ, よもぎ葉, よもぎ葉茶

よもぎの効果・効能などよもぎの情報ついてこちらの記事で詳しくご紹介しております。

●管理栄養士からのコメント

よもぎには独特の苦味、渋みがあるので、アク抜きをすることでよりおいしく食べられます。茹で過ぎると風味も損なわれてしまうので、長時間茹で過ぎないようにしましょう。

安藤ゆりえ 安藤ゆりえ

管理栄養士プロフィール

◎安藤ゆりえ

老人保健施設の管理栄養士を経て、健康を維持するためには若いうちからの食生活の大切さを実感。
2016年フリーランスとして活動を開始。レシピ開発や栄養指導、料理教室、食に関するコラムの執筆などを行っている。
また「食を見直すならまずは毎日使う調味料から」をコンセプトに地元愛知県三河のみりんや味噌などの伝統的な調味料の素晴らしさを伝えるセミナーなども開催。

食や栄養に関すること全般ですが特に ・調味料について(みりん、味噌や醤油などの製法やどんなものを選ぶと良いかなど) ・体に優しいスイーツの選び方、作り方 ・ダイエットレシピの考案 ・時短レシピの考案を得意としています。

▼公式サイト https://ameblo.jp/yurieand/entry-12461592747.html

よもぎのオススメ商品

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

健康オタクな二児の父。週末は子供と出かけるのを楽しみにしながら毎日過ごしています。