乳酸菌たっぷりレシピ|ザワークラウトの作り方

ザワークラウト

腸内環境改善といえば「乳酸菌」。毎日のスッキリの他、美容トラブルやバリア力にも効果的とされます。
乳酸菌といえば発酵食品ですが、ドイツ生まれの発酵食品「ザワークラウト」というキャベツのお漬物をご存知ですか?
さっぱりとした味で、洋食のメニューでも植物性乳酸菌の発酵食品を取り入れることができます。
この記事では「ザワークラウト」の作り方をご紹介します。

ザワークラウトの作り方

ザワークラウト

瓶に入れて発酵させるやり方がオーソドックスですが、ここでは失敗しにくいフリーザーバックなどの保存袋を使った作り方をメインにご紹介します。
3.5 from 10 votes
調理時間 3 d
材料(人分) 1

材料
  

作り方
 

  • キャベツの表面の葉を2枚ほど外したら、残りを千切りにします。
  • 千切りしたキャベツの量を計り、塩の分量を正確に準備します。
  • フリーザーバックにキャベツと塩を加え、ギュッともんでしんなりさせます。キャベツの量が多い場合はそれぞれ半量ずつ、2回に分けて加えてもみましょう。
  • キャベツがしんなりしたら空気を抜いて、水が漏れ出てしまわないようにパッドなどに入れ、上から重石をします。重石は専用のものではなく、水を入れたペットボトルなどでも代用可能。
  • 半日~数日ほどすると、キャベツが完全に浸るほど水が上がってきます。もしキャベツが水に浸りきっていなければ、2%濃度の食塩水を足しましょう。
  • 夏は1~3日、冬は3~6日を目安に、直射日光の当たらない常温に置いて発酵させます。
  • キャベツが緑色から黄色~うす茶色になり、水も少し濁りのある白っぽい色になって泡が出て、味見をして酸味があったら完成です。ジップロックに入れたまま、もしくは煮沸消毒した清潔な瓶に入れ替えて、空気に触れないようにして冷蔵庫で保存しましょう。
このレシピのキーワード 腸活, 発酵食品, 乳酸菌, ザワークラウト

ザワークラウトの健康効果についてはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
ザワークラウトの失敗しない簡単作り方レシピ|健康効果も徹底検証 誰でも簡単に作れるザワークラウトのレシピをご紹介!また、ザワークラウトが持つ乳酸菌から得られる健康効果とは?

乳酸菌の健康効果と摂取方法

乳酸菌の健康効果と摂取方法

乳酸菌は腸内の善玉菌を元気にして、毎日のスッキリをサポートするだけでなく、バリア力アップや美容トラブルの解消などにも効果的とされます。また、スリムを目指したい方にもおすすめです。
乳酸菌が含まれる食品はお漬物や味噌、納豆、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれます。これらを毎日の食事にバランス良く取り入れるのがおすすめです。

あわせて読みたい
乳酸菌の働き|医療の現場も注目している乳酸菌の持つ驚きの効果 乳酸菌、とってますか? カラダに良いと言われる乳酸菌ですが、どんな症状に効果があるのでしょうか? 自分に合った乳酸菌を探す方法、効果的なとり方も紹介しています。 

おすすめの乳酸菌アイテム

かわしま屋おすすめの商品をご紹介します。
毎日の食事で補えないときは、パウダーで簡単に乳酸菌を摂りましょう!




この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

読み物ページ編集担当。お腹の悩みを解消すべくいろいろトライアル中。夫婦と犬の3人生活。