乳酸菌発酵漬けの作り方|乳酸菌たっぷりのレシピ

乳酸菌を利用した漬物は、「たくあん」「キムチ」「すんき漬け」などさまざまな種類があります。ここでは、一番手軽にできる乳酸菌で発酵させた漬物のレシピをご紹介いたします。

お好きな野菜や旬のお野菜を使って、美味しく腸活しちゃいましょう。

基本の乳酸発酵レシピ

基本の乳酸発酵の漬物の作り方

旬のお野菜を、乳酸菌の力で美味しいお漬物を作りませんか?
4.84 from 6 votes
調理時間 2 d
材料(人分) 10

材料
  

  • お好みのお野菜 500 g
  • 1 大さじ
  • ぬるま湯 600 ml

作り方
 

  • ガラス瓶などの保存容器を煮沸消毒してから乾かしておく。
  • 野菜を食べやすい大きさに切る。
  • ぬるま湯に塩を溶かし、保存容器の中にひたひたになるまで注ぐ。野菜が浸からなければ、同じ濃度で塩水を作って足す。
  • 軽く蓋をして常温(20℃程度)で置いておく。蓋を完全に閉めるとガスが出た時に割れる可能性があるため、空気が抜けるようにしておきましょう。
  • 汁が白っぽく濁り、酸味が出てきたら蓋をし、冷蔵庫で保存。

コツ・ポイント

発酵が進むにつれ、少しずつ酸味が強くなり、野菜の食感がやわらかくなってゆきます。
このレシピのキーワード 腸活, 発酵食品, 乳酸菌, 乳酸発酵の漬物, 漬物

あわせて読みたい
乳酸菌の多い食品ランキングと腸内環境の整え方 |健康美人への近道 腸だけでなく全身や心にまで影響を与える、と近年話題の「腸内細菌」。そのカギを握るともいえる善玉菌のひとつが「乳酸菌」です。 「乳酸菌」をキーワードに食生活をデザインすることで、腸内環境をデザインし、「病気になりづらい身体」をつくる…夢のような話に聞こえるかもしれませんが、近年、それを実証するような研究がたくさん登場してきています。 今回は普段の食生活にスポットをあて、乳酸菌を育てて腸を元気にするためには何を食べたらよいのか、詳しくご紹介していきましょう。

あわせて読みたい
すんき漬けの作り方。乳酸菌の効果や食べ方もご紹介 長野県木曽地域で伝統的に作られている「すんき漬け」。塩を使わない独特の製法で作られ、味わいも効果も独特なすんき漬けの魅力と、ご自宅での作り方、食べ方をご紹介します。

食事だけで乳酸菌を摂るのが難しい方におすすめ

手軽に摂れる乳酸菌パウダーを試してみませんか?忙しい方や好き嫌いの多いお子様、食の細いご高齢の方などにもおすすめです。

「乳酸発酵の漬物」についてのQ&A

野菜の大きさは、どうしたらいいですか?

野菜は小さく刻んだ方が早く漬かります。小型のきゅうりやラディッシュをピクルスのようにしたい場合は、丸ごと漬けても大丈夫ですが、その場合は、野菜に塩をすりこんでから漬けることをおすすめします。

漬物の乳酸菌はどこから来るの?

漬物の乳酸菌は、野菜にもともとついている乳酸菌が野菜などの糖分をエサにして増殖します。

乳酸発酵食品の例は?

乳酸発酵食品は、ヨーグルトやチーズ、パン、キムチ、日本酒、味噌、醤油、塩辛などです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

動物、植物、子ども、美味しいものとスターウォーズをこよなく愛する1児の母。近頃は、昔苦手だった虫も可愛くなってきました。
将来の夢はパーマカルチャー暮らし。