便が細いのはどうして?原因や病気の可能性、改善方法を解説

トイレマーク

便の形や質は体の健康状態に直結しています。特に細い便が続く場合、その背後には様々な原因や病気が潜んでいる可能性があります。
この記事では、細い便が出る主な原因から、それが示す病気、さらには治療方法まで、包括的に解説します。

もくじ

便が細くなる原因

お腹の不調

便の状態は多くの要素に影響を受けます。一般的には、どのような原因が考えられるのでしょうか。

食生活と便秘

便秘は細い便になる大きな原因のひとつです。食事の時間が不規則で、消化に必要な時間が確保できない場合は便秘になりやすいです。また、食物繊維や乳酸菌、ビフィズス菌のほか水分など不足すると、硬くて細い便を引き起こします。逆に、過度の油分や砂糖の摂取も便秘につながる場合があります。食生活の改善、特に水分と食物繊維の摂取が必要です。便秘解消には適度な運動と併せて、これらの栄養素が不可欠です。

環境の影響

環境も便の状態に影響を与えます。ストレス、睡眠不足、運動不足などが便秘や下痢を引き起こす可能性があります。また、仕事や生活のリズムが乱れると、それが直接的な便秘の原因となることも。ほかにも、長時間の座り仕事や、運動不足は直腸や大腸に負担をかけ、便の形状に影響を与える場合があるため注意してみるといいでしょう。

便秘解消をサポートする乳酸菌パウダー

細い便が出るのは病気?

医師の診断

細い便が出る場合、病気が原因の可能性もあります。こちらでは病気が原因で便が細くなるケースについて解説します。

大腸癌のリスク

大腸癌は便が細くなる可能性のひとつとされています。特に、出血や排便に痛みが伴う場合は、早急に医療機関での診療が必要です。大腸癌は初期であれば治療の成功率が高いので、早めの検査と診断が重要です。大腸癌は進行が早く、放置すると急激に悪化する危険性もあるため、速やかな行動が求められます。

ほかの疾患との関連性

細い便は胃腸の疾患、特に過敏性腸症候群や直腸の問題とも関連している場合があります。例えば、腹痛や血便などの症状が合併している場合、さらに詳しい内視鏡検査が推奨されるでしょう。胃腸の疾患は多くの場合、ほかの症状や疾患と密接に関連しています。そのため、総合的な診療と多角的なアプローチが必要です。

細い便を改善する方法

食物繊維の豊富な食材

便が細くなるのは必ずしも悪いこととは言えませんが、上述の通り病気や腸内環境の乱れが原因となっている場合があります。まずは、すぐにできる生活習慣の見直しをしてみるのもいいでしょう。

食事の見直し

食事は便秘や細い便の改善に直接的な影響を与えます。食物繊維が豊富な食品や乳酸菌を含む発酵食品を摂ることで、便通がよくなります。食物繊維や乳酸菌は腸内環境を整え、排便をスムーズにします。また、十分な水分摂取も重要です。水分が不足すると、便が硬くなり排便が困難になります。水分をしっかりと取ると腸内の消化も円滑に行われるため、細い便の改善につながりやすくなるでしょう。

適度な運動と休養

体を動かすことで、腸の動きも活発になります。適度な運動は便通をよくし、細い便の改善に繋がる可能性があります。また、十分な休養と睡眠も腸の動きに良い影響を与えるでしょう。ストレスを感じる環境や過度な労働は、体に悪影響を与えるだけでなく、便の状態にも影響を及ぼすのです。

食事の見直しで取り入れやすい乳酸菌パウダーを!

日本の発酵食品から抽出した植物由来の乳酸菌パウダーはこちら。
※只今【お1人様1回限り】50%OFFキャンペーン実施中

細い便についてのQ&A

便が細くなる原因は何ですか?

便が細くなる原因は様々ですが、主なものとしては腫瘍や肛門付近の疾患、腸の癒着や筋力低下、ストレスや神経障害などがあります。これらの原因は、便の通り道や出口を狭めたり、腸の動きや消化機能を悪くしたりするため、便が細く押し出されるのです。

便が細いと大腸がんの可能性が高いですか?

便が細くても大腸がんの可能性が高いとは限りません。便の形や量は個人差や日々の食生活や体調によって変化します 。しかし、便が細い状態が長期間続いたり、ほかにも血便や腹痛などの症状があったりする場合は、大腸がんの可能性もあります 。そのため、早めに医師に相談することをおすすめします 。

便が細いだけでなく、色や形、硬さなどにも異常がある場合はどうすればいいですか?

便が細いのに加えて、色や形、硬さなどにも異常がある場合は、消化器系の健康状態に問題がある可能性が高いです 。例えば、黒い便や血が混じった便は胃や大腸から出血している可能性があります 。また、ころころとウサギの糞のような便やどろどろの便は水分や食物繊維の不足、腸内環境の悪化を示している可能性があります。

このような場合は、まず自分の食生活や生活習慣を見直してみましょう 。それでも改善されない場合は、医師に相談することをおすすめします 。

便が細い場合はどんな食事を心がければいいですか?

便が細い場合は、食物繊維や乳酸菌、水分などを十分に摂取することが大切です。

食物繊維は便のかさや水分を増やし、腸内細菌の増殖や腸内環境の改善にも役立ちます。食物繊維は野菜や果物、海藻やきのこ、豆類や雑穀などに多く含まれています。

乳酸菌は腸内で乳酸を作り出し、悪玉菌の繁殖を抑えて腸内環境を整えます。乳酸菌が多く含まれる食べ物にはヨーグルトやキムチ、漬物などがあります。

水分は便の水分量を調節し、便の硬さや流れやすさに影響し、不足すると便秘や肛門付近のトラブルの原因となります。水分は水やお茶、スープなどで摂取しましょう。

一方、脂っこい食事や刺激物は胃や腸、肛門付近の粘膜の負担や刺激になり、便秘や下痢、血便などの原因となります。揚げ物や唐辛子などは避けるようにしましょう。

便が細い場合はどんな生活習慣を心がければいいですか?

便が細い場合は、適度な運動や排便のリズム、ストレスの解消などの生活習慣を意識してみてください。

運動は腹筋や腸の筋力を強化し、腸の動きを促進する効果があります。ほかにも、血行や代謝を改善し、消化機能にも良い影響を与えます。運動は歩く、自転車に乗る、スクワットなどの有酸素運動や筋トレなどがおすすめです。

排便のリズムを整えることは、便秘や下痢などの予防にもなります。排便のリズムは個人差がありますが、一般的には朝起きた後や食後などが排便しやすいタイミングです。便意のあるときは我慢せずにトイレに行きましょう。

また、ストレスは自律神経やホルモンのバランスを乱し、消化機能に影響を与える場合があります。ストレスを上手に解消する方法は人それぞれですが、趣味や音楽、読書、瞑想などが効果的です。十分な睡眠も大切です。

腸内環境の改善に乳酸菌パウダーがおすすめ

善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる乳酸菌を毎日の食生活にプラスしてみませんか?料理や飲み物に混ぜて使いやすいパウダーなので、継続しやすいのがポイントです!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

読み物コンテンツ担当。乾燥肌を改善すべく化粧品成分をチェックするのにハマり化粧品成分上級スペシャリストを取得。趣味は読書と昼寝、自然スポットめぐり。

もくじ
閉じる