炊飯器でOK!米麹だけで作る、あま〜い甘酒の作り方

米麹とお水だけで作る甘酒のレシピです。

米麹だけでつくる甘酒は、甘酒作り初心者の方でも失敗しにくく、麹本来の風味や香りや甘みを味わえるのが魅力です。
それでは早速、作り方を見ていきましょう。

米麹と水だけで作る甘酒の作り方

米麹だけでつくる甘酒の作り方

はじめて甘酒を作る方におすすめなのが、この米麹だけでつくる甘酒です。
米麹だけでつくる甘酒は「はや作り」と呼ばれ、麹本来の風味や香り、甘みを味わえるのが魅力です。
上質な米麹を使い、深い甘みを堪能してみてください。
砂糖を一切使わなくても十分甘みがでるので、上質な米麹を使い、深い甘みを堪能してみてください。
3.73 from 153 votes
調理時間 6 hrs 10 mins
材料(人分) 4

必要な道具

  • ヨーグルトメーカーや炊飯器
  • 温度計
  • ふきん(炊飯器を使う場合)

材料
  

  • 米麹(生麹または乾燥麹) 300 g
  • お湯(60度) 300 ml

作り方
 

  • 米麹に55~60度のお湯を入れて混ぜます。
    麹の固まりが残っているとそこの部分だけ上手く甘酒に仕上がりません。固まりがほぐれるようにしっかりと混ぜましょう。
    酵素がよく働く温度が50度から60度あたりになります。あまり高温になると壊れてしまいます。温度計を使ってこの適温を保ちながら混ぜてください。
  • 1の温度を55℃~60℃に保ち、約6時間保温します。
    ヨーグルトメーカーなどの保温器があると、温度と保温時間の管理が楽にできます。
  • 炊飯器を使用する場合は、保温モードにして、フタを少し開けておきます。釜にふきんなどをかぶせておくと60度ぐらいが保てます。
    炊飯器によって保温モードの温度が異なります。温度計で図りながら、フタの開け具合などで温度調整をしてください。
  • 保温から5-6時間が経過すると麹の甘い香りが漂ってきます。
    容器をよくかき混ぜれば、甘酒の出来上がりです。
    麹とお米だけでできた、砂糖不使用、アルコール分0%の美味しい甘酒です。

動画

コツ・ポイント

麹の甘みが強く、そのまま飲むと濃く感じると思います。
お好みで2-3倍程度にうすめてお飲みください。
このレシピのキーワード 甘酒, 麹

レシピで使用した米麹は、奈良県の老舗味噌・醤油蔵「井上本店」が、材料と製法にこだわり作り上げた国内産のうるち米100%の乾燥麹です。

\ 甘酒や塩麹に最適な乾燥米麹 /

乾燥米麹の商品を見る >>

甘酒に関するQ&A

甘酒の麹菌は死滅しますか?

通常の作り方で作られた甘酒の中に入っている麹菌は死滅しています。麹菌は、47℃くらいから徐々に死滅します。

甘酒が飲む点滴と呼ばれるのはなぜですか?

甘酒が飲む点滴と呼ばれる理由は、甘酒にはブドウ糖やアミノ酸、ビタミンなどの体に必要な成分が豊富に含まれています。これらの成分は脳のエネルギー源になったり、体の代謝を促したり、美肌や免疫力を高めたりする効果があるためです。夏バテにも効果があると言われ、江戸時代頃、甘酒は夏の飲み物だったと言われています。 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

動物、植物、夫、子ども、美味しいものとスターウォーズをこよなく愛する1児の母。かわしま屋に入って、腸内環境がとても良くなりました。
将来の夢はパーマカルチャー暮らし。