どくだみとは

どくだみとは

どくだみは、厚生省が薬局で販売してよいと許可している薬草です。

独特の匂いの主成分であるアセトアルデヒドには、確かな抗菌性が認められており、アトピーなどの皮膚疾患全般のつらい症状を和らげます。

葉緑素・フラボノイド・カリウム・マグネシウムなど、ミネラルの有効成分が豊富に含まれています。

お茶として飲むのはもちろん、煎じればどくだみエキスに。

ホワイトリカーや焼酎につければ、どくだみの薬草酒に。

さらに入浴剤として、さまざまな生活シーンでお楽しみいただけます。

どくだみの効能

どくだみの効能|かわしま屋コンテンツ
薬草の中の薬草といっても過言ではないほどさまざまな薬効をもっているどくだみ。
今回は、どくだみの効能と身近な活用法についてご紹介します。
どくだみの効能の記事を見る

どくだみ焼酎漬けの作り方

どくだみの葉焼酎漬けの材料

【どくだみの葉焼酎漬けの材料】
・どくだみの葉:150g程度
・お酒:1.8L…玄米焼酎やホワイトリカーを使用します。度数が35度以上の物を使用してください。
・瓶容器(4L以上の容器がおすすめ)…梅酒などに使う広い口のビンが便利です。

ステップ1,2 どくだみの葉を容器に入れ、お酒を注ぐ

ステップ1,2

どくだみの葉を容器に入れていきます。
今回は乾燥したどくだみの葉を使用しました。
生の葉を使う場合は、よく洗い、少し乾燥させてから使用しましょう。

容器にお酒を入れていきます。
どくだみの葉のエキスがしっかり抽出されるように、35度以上のお酒を使用してください。

ステップ3 どくだみの葉を容器に入れ、お酒を注ぐ

ステップ3

どくだみの葉焼酎漬の瓶を週に2-3回程度振って混ぜてください。
どくだみの葉のエキスがより抽出されやすくなります。

ステップ4 2-4ヶ月程度保管する

ステップ4

瓶を密封して冷暗所に保管しておきます。

2~4ヶ月たつと、茶色の液体ができます。これがどくだみの葉のエキスで、どくだみの葉の成分がたっぷり溶け込んでいます。

ステップ4

通常は1ヶ月程でOKですが、濃厚なエキスが欲しい場合はより長い期間置いてみてください。
熟成させた方がエキスも良く出ますので、それだけ効果が高くなると言われています。

ステップ5 どくだみの葉を取り出す

ステップ5

どくだみの葉焼酎漬けを2-4ヶ月程度保管した後は、どくだみの葉を取り出しましょう。

どくだみの葉焼酎漬けの完成です。
出来上がったどくだみの葉焼酎漬けは、常温で保存しても数年持つと言われています。

ステップ5

漬け終えた葉は、エキス分が出た残りですが、入浴剤として使用できます。ぜひ有効にご活用ください。

ステップ5

是非ご自宅で手軽にどくだみの葉焼酎漬けづくりを楽しんでみてください。

無農薬栽培 ドクダミの葉 商品はこちら

どくだみの葉焼酎漬けやどくだみ茶に最適な乾燥どくだみ葉商品です。

無農薬栽培の葉ですので、安心してドクダミの成分を摂ることができ、普段不足しがちな栄養素を補うことができます。

ドクダミ葉・乾燥タイプ100g(兵庫県産・無農薬栽培

兵庫県産、無農薬栽培のドクダミ乾燥葉。豊富な栄養素が凝縮されています。お茶やエキス作りに。

価格
1080 円
在庫数
残り0個
商品ページはこちら

Twitterでフォローしよう

Well Being 編集部
shop@kawashima-ya.jp

 

かわしま屋のおすすめのどくだみ葉はこちら

無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

SNSをフォロー
Well Being
最新情報はこちらをチェック!