よもぎチンキの作り方|レシピ

よもぎチンキの画像

よもぎのチンキ剤は、一度作ると長く保存できるのがうれしいところ。


布に浸してパップ剤に、水で薄めてうがい薬に、水やグリセリンで割って化粧水に、油やミツロウと混ぜて軟膏になど、アレンジの仕方でいろいろ楽しめます。


よもぎチンキの作り方

よもぎチンキ

よもぎの葉を瓶に入れてアルコールに漬けるだけでよもぎチンキの完成です。
肌荒れや湿疹など肌のトラブルに効果があり、虫よけスプレーとしても使えます。
4.14 from 29 votes
調理時間 7 d

材料
  

  • よもぎ葉 10 g
  • アルコール(40度程度のウォッカや焼酎、ホワイトリカーなど) 100 ml
  • ガラス瓶 1

作り方
 

  • よもぎの全草(葉、茎、根)を洗って水気を切り、適当な大きさに切ってガラス瓶にぎゅっと詰め込みます。
  • 1にアルコールをひたひたになるまで注ぎます。(ここでよもぎがエタノールから出ていると、カビの元となるので注意)
  • 1週間ほど経ち、材料のエキスが抜けて液に色が溶けだしてきたらよもぎ全草を取り出して完成です。
このレシピのキーワード よもぎの葉, よもぎチンキ

よもぎの効果・効能など、それ以外のよもぎの情報ついてこちらの記事で詳しくご紹介しております。

よもぎのオススメ商品はこちら

 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

健康オタクな二児の父。週末は子供と出かけるのを楽しみにしながら毎日過ごしています。