だし風味雑炊|玄米フレークのアレンジレシピ

離乳食や介護食に

玄米フレークのだし風味雑炊

ビタミン豊富な野菜とやタンパク質がしっかり摂れるササミを使った雑炊です。素材の味を活かしたのレシピなので離乳食やご高齢の方にもお召し上がりいただけます。だしの旨みがしっかりきいているので、塩分を控えたい方にもおすすめしたいメニューです。
4.34 from 3 votes
調理時間 10 mins
材料(人分) 1

材料
  

  • 玄米フレーク 60
  • お湯 200~ ml
  • だしパック 1 パック
  • 鶏ささみ 50 g
  • にんじん(小) 1/6
  • ほうれん草 1
  • オリゴ糖シロップ(お好みで) 適量
  • 適量

作り方
 

  • 鶏ささみを細かく刻み、にんじんとほうれん草もみじん切りにする。
  • 鍋に水を入れて沸騰させ、だしパックを入れてだしを取る。
  • 鶏ささみとにんじんを鍋に入れ、中火で煮込む。
  • 鶏ささみが火が通ったら、ほうれん草を加えてさっと混ぜる。
  • 玄米フレークを加えてすぐに火を止める。蓋をして3分ほど蒸らす。
  • 全体の柔らかさを調整したい場合はお湯を少しずつ加えてください。
  • オリゴ糖7種シロップと塩で味を整える。
  • 器に盛り付けて完成。

コツ・ポイント

【オリゴ糖】
  • オリゴ糖が優しくお腹の調子を整えるサポートをしてくれるので、便秘がちの赤ちゃんにも◎
玄米フレーク
  • 熱と圧力を加えて調理した玄米を乾燥させフレーク状にする『アルファ化』と呼ばれる加工技術で作られています。
  • 調理の手間がなくそのままでもお召し上がりいただけます。
  • 玄米の豊富な栄養をお手軽に摂取したい方にピッタリです。
このレシピのキーワード 玄米フレーク

レシピで使ったおすすめの商品

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

読み物コンテンツ・動画編集担当。もとは運動からは縁遠い生活。せめて散歩を…とはじめてみたら今ではジョギングになりました。習慣ってすごいと実感中。焼き魚が好き。寒さに弱い。