記事の監修

この記事は管理栄養士の方に監修していただいています

管理栄養士

川野 恵

フリーランスの管理栄養士としてレシピ開発や栄養のコラム作成のほか、外食チェーン店でのダイエットを意識した食べ方を紹介。現在はクリニックにて、生活習慣病などに悩む方々へ栄養指導を行なっている。

米油

香りや油の臭みがほとんどなく、どんなお料理にも使いやすい米油。
学校給食や市販のお菓子などにも多く使用されています。
酸化に強いという特徴があるため、お料理の美味しさが長持ち。油の臭みも出にくいのです。
ヘルシーで扱いやすいというイメージで、基本の油としてキッチンに置いている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では米油の健康効果や栄養、安全性について紹介します。

米油とは

米油とは

この米油の原料は白米ではなく、玄米を削って精白米にするときにできる「米ぬか」です。
米ぬかは、玄米の表層部分や胚芽で、油を20%も含んでいます。
精白米にはない天然のビタミンやミネラルがたくさん含まれており、油に溶けやすい成分も少なくありません。
ですから、米ぬかを搾った米油には、玄米が持つ健康パワーが凝縮されています。

米油は健康に良い?その優れた健康効果

米油は健康に良い?その優れた健康効果

玄米の栄養をまるごと摂れる米油には、多くの優れた健康効果があります。

1. 活性酸素による細胞へのダメージを防ぎ、がんや生活習慣病を予防
2. コレステロール値を下げ、動脈硬化を予防
3. 血管を強化し血行をスムーズに、心筋梗塞や脳卒中などの予防
4. 抗酸化物質で血管の老化を防ぐ、アンチエイジング効果
5. ホルモンバランスを整え、更年期障害の症状を和らげる
6. 肌の大敵・活性酸素を抑制、ターンオーバーを活性化し美肌に

健康効果1 がんや生活習慣病を予防&改善する

●強力な抗酸化作用で体内の酸化を防止

活性酸素による細胞へのダメージは、がんや生活習慣病の大きな原因となります。
これに対抗できるのが、米油の栄養成分であり、強い抗酸化作用を持つ「ガンマオリザノール」や「トコトリエノール」。
特にトコトリエノールは、がん細胞に働きかけて成長をストップさせる効果があるとされる成分です。

がんや生活習慣病を予防&改善する

健康効果2 血液中の余分な悪玉コレステロールを減らす

●有効な栄養成分でコレステロールを調整

米油には、コレステロールの消化吸収を抑える「植物ステロール」という成分が植物油の中で最も多く含まれています。
善玉コレステロールにはほとんど影響を及ぼさずに、悪玉コレステロールのみを減らしてくれます。
さらに米油のみが含む「ガンマ-オリザノール」には、脂質の吸収を抑え、肝臓でコレステロールが作られるのを抑える働きがあります。
コレステロール値を抑えて、生活習慣病の予防に繋がります。

血液中の余分な悪玉コレステロールを減らす

健康効果3 動脈硬化の予防、高血圧の改善、心筋梗塞の予防に

●米油を積極的に摂取、血液をサラサラに

食生活の乱れやストレスによる悪玉コレステロールの増加によって、血管が硬化して徐々にもろくなったり、詰まったりしてしまいます。
すると、酸素や栄養素を体の隅々まで届ける役割を充分に果たせなくなり、心臓に負担をかけてしまうのです。
悪玉コレステロールの発生には、活性酸素も深く関わっています。
コレステロールを酸化させない為にも、強力な抗酸化成分である「ガンマ-オリザノール」と「トコトリエノール」を含む米油は大変有効です。

動脈硬化の予防に最適!高血圧の改善、心筋梗塞の予防に

健康効果4 血管の老化を抑制、アンチエイジングにも有効

●トコトリエノールで血管年齢も若く保つ

健康の要である血管の細胞もまた油でできているので、全身をめぐる血管の老化を防いで若々しさをキープするためには、油に溶ける「抗酸化物質」が必要となってきます。
米油に含まれるビタミンEは、強力な抗酸化作用がある脂溶性のビタミンなので、血管の若返りにはピッタリの成分。
しかもトコトリエノールは「スーパービタミンE」と呼ばれ抗酸化力があると注目されてきた「トコフェノール」の数十倍にもあたります。

アンチエイジングにも有効

健康効果5 ホルモンの調整作用で更年期障害を改善

●米油なら、日々の生活に無理なく取り入れられる

女性が閉経を迎える前後5年くらいの期間を「更年期」といい、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が急激に減少します。
その結果「ホルモンバランスの乱れ」が起こり、体のほてりや大量の発汗、のぼせ、動悸、息切れ、疲労感、イライラ、不安、うつなどに悩まされるようになります。
米油に含まれる「ガンマ-オリザノール」は、そんな女性特有の悩みを改善してくれる強い味方。
ガンマ-オリザノールには、ホルモンの分泌や調整を担っている脳の視床下部に働きかけ、更年期障害の緩和や自律神経の調整、緊張や不安、ストレスを抑える作用があります。

更年期障害を改善

健康効果6 メラニン生成を抑えて血行促進。美肌&保湿効果も

●手軽で機能的な米油は、美容オイルとしても優秀

肌の大敵のひとつ「活性酸素」は、紫外線やストレスなどによって皮膚の中に多量に生み出され、細胞を酸化させることで、老化を急加速させます。
米油の強力な抗酸化パワーで活性酸素による肌のダメージから肌をしっかり守り、整えていきます。
ガンマ-オリザノールはチロシナーゼという酸素の活性を抑え、メラニン生成を阻みます。
また肌の血行も促すため、ターンオーバーが活性化されてシミの沈着を防止したり、老化した角質を除いて肌の表面を保護したり、肌のくすみを改善してくれます。
さらに、アトピー性皮膚炎を引き起こす「IgE抗体」にくっつき、かゆみや炎症を抑える効果も期待できます。

メラニン生成を抑えて血行促進。美肌&保湿効果も

米油の栄養成分について

米油の栄養成分について

米油には、オメガ6やオメガ9に属する成分が豊富に含まれます。
これらは人が体内で合成できない必須脂肪酸で、食物から摂ることが重要です。
また、ビタミンE類など、健康維持に役立つ成分も多く含まれます。
毎日料理に使う油を米油にすることで、この大切な栄養素をしっかりと摂ることができますね。

オレイン酸 ※オメガ9(n-9)系脂肪酸

心臓障害を防ぐ善玉コレステロールの値はそのままに、
悪玉コレステロールの値を低下させる働きがあるといわれています。

リノール酸(37%)※オメガ6(n-6)系脂肪酸

血中コレステロール値を低下させ血管の硬化を防止します。

ビタミンE(トコフェロール)

抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
日本人の摂取するビタミンEの約30%は植物油から摂取している現状です。
良質のビタミンEは、こめ油から摂取してください。

トコトリエノール

ビタミンEの一種で抗酸化力がビタミンE(トコフェロール)の約50倍と言われています。
圧倒的に抗酸化力が高いため、スーパービタミンEとも呼ばれています。

γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール)

ポリフェノールの一種。
米油特有の栄養素なので、他の油には含まれません。
更年期障害、胃腸神経症などの改善に効果があるといわれています。
複雑な現代社会人に欠かせない栄養素です。
また、シミやシワ、くすみなど、年齢肌の悩みを解消する、女性にうれしい働きもあります。

米油の栄養成分について

米油のココが良い!美味しさと使いやすさの理由

美味しさと使いやすさの理由

① 酸化しにくい

開封後、短時間で酸化してしまう食用油も多い中で、米油は天然の酸化防止剤でもある「スーパービタミンE」
トコトリエノールのおかげで、急いで使い切らなくても、最後までほぼ酸化することはありません。
安定性の良い油で、加熱調理にも栄養が損なわれずに使えます。

② 匂いやクセがなく、油酔しにくい

揚げ物をした時の臭いで食欲が減退する“油酔い”と言われる現象の原因となる物質の発生量を示したものです。
発生量が少ない程、加熱臭がマイルドであると言えます。
こめ油において最も良い結果が得られました。

③ 鍋にこびり着く酸化物が少ない

180℃に加熱した油で揚げ物をした後、鍋にこびり付いた酸化重合物の量を測定した結果、こめ油の付着量が非常に少ないことが分かりました。

④ 泡立ちが少なく、揚げ物がカラッと揚がる

揚げ物をしていると種や衣から水分が蒸発して泡が出来、揚げむらや油っぽさの原因となります。
このデータは21時間加熱後に得た油を180℃に加熱し、1cm角のジャガイモを投入して泡の広がりを測定したものです。
コーン油に次いでこめ油が泡立ちにくいという結果が出ています。

⑤ 揚げた後も、美味しさが長持ち

揚げ物を1万ルクス、40℃の条件で保存しておいて腐敗臭が発生するまでの時間を測定したところ、こめ油が圧倒的に長い時間揚げ物の品質をよく保つことがわかりました。
お弁当などに米油で揚げたものを入れて、時間が経っても美味しく食べられます。

米油の選び方・安全性と危険性

美味しさと使いやすさの理由

米油や菜種油などは健康に良いとされる油ですが、実は製造過程において、
米ぬかから油を抽出する方法が二種類あります。

1.圧搾法

専用の機械で潰して油を抽出する、昔ながらの製法。

2.化学溶剤での抽出法

ヘキサン等の化学溶剤を使用して抽出する製法。

スーパーなどで一般的に安価で売られているものは、コストを抑えて大量生産するために後者の化学溶剤を使った製法の米油がほとんどです。
もちろん商品になる際は化学溶剤は除かれ安全性のチェックもされているはずですが、米油本来の健康効果をそのまま摂れるのは、圧搾法で手間をかけて作られた製品です。

圧搾法の米油は溶剤で抽出した米油よりも天然成分のビタミンや抗酸化物質が多く残り、健康効果はより高くなります。

さらに、トコトリエノールの含有量が多いものほど健康効果がありますので三和油脂のコメーユなどは特にオススメです。

三和油脂「コメーユ」の製造方法

美味しさと使いやすさの理由

1. 圧搾工程
有機溶剤を一切使わずに、昔ながらの圧搾方式によって搾油します。

2. 脱ガム工程
油の泡立ちの原因となるレシチン等を除きます。

3. 脱ロウ工程
低温でろ過し、ロウ分を除きます。

4. 脱色工程
自然の糖の着色物質(カロテノイド等)や不純物質を除去し油の色を良くします。

5. 蒸留脱酸工程
高温・真空で、臭いや遊離脂肪酸を除去します。

コメーユのこだわり

【原材料】
●精米工場と精油工場との連携により、新鮮な米ぬかを短時間で加工します。
●スタビライザー処理により油脂分解酵素リパーゼを失活し鮮度を維持します。

【圧搾法】
●有機溶剤を使用せず、物理的圧搾によって搾油します。
●独自の圧搾技術によって、玄米本来の成分を凝縮します。

【精製法】
●スチームリファイニング製法を採用し、有効な成分を留めることができます。
●薬品を使用しない、ノンケミカル精製法です。

価格は若干高くなりますが、毎日身体に摂り入れるものですから、より質の高く安心なものを選びたいですね。

●管理栄養士からのコメント

米ぬかから採取されるこめ油は、抗酸化作用が強く身体の錆を増やさないようにする働きがあります。
身体はたくさんの細胞からできていて、加齢やストレスなどが原因で日々酸化されます。
そのため、抗酸化作用の強い食品は毎日の食事に取り入れたいもの。
ビタミンEを多く含むこめ油やひまわり油などを上手に食事に取り入れてみてください。
こめ油だけでなく、オリーブオイルや大豆油など、油はそれぞれに特有の成分を含んでいるので「油なんてどれも同じでしょ」なんて思っていると損をしてしまうかも。
油は酸化しやすいので、いろいろな油を使ってみたい方は小さめサイズのものを買うといいですよ。

川野恵

管理栄養士プロフィール

◎川野 恵

給食委託会社や仕出し弁当屋での献立作成を経験後、出産を機にフリーランスとして活動。
フリーランスの管理栄養士としてレシピ開発や栄養のコラム作成のほか、外食チェーン店でのダイエットを意識した食べ方を紹介。現在はクリニックにて、生活習慣病などに悩む方々へ栄養指導を行なっている。

身体は食べ物でできている事を意識し、健康で過ごせるよう多くの方を支えていける管理栄養士になりたいと日々活動しています。
SNSやブログを通して、
・管理栄養士として栄養指導に携わりたい!
・血圧や血糖など血液結果を注意された!
・美味しく食べてきれいに痩せたい!
という悩みを解決するための情報を発信しています。

▼Twitter
@kawa040508

油に関するQ&A

油の保存期間は?
油の種類によって多少変わりますが、直射日光の当たらない冷暗所での保管でだいたい2~3ヶ月が目安と言われます。
油は古くなると酸化して体に悪影響を与えますので、あまり古くなった油は使わないようにしましょう。
米油、オリーブ油、ごま油などは酸化しにくい油です。
逆に、オメガ3系のえごま油などは酸化しやすいので早めに使いましょう。
古くなった油はどうやって見分ける?
油が古いかどうか、酸化しているかどうかを見た目で判断するのは難しいものがあります。
変色していたり変な匂いがしたり泡が出るような状態であればすでに酸化してしまっています。
なるべく開封した時期を覚えておくようにしましょう。
酸化した油はどうして体に悪い?
酸化した油は、体の老化を進める原因となります。
油は酸化すると過酸化脂質という物質になります。
これを摂り続けていると肌のシミやシワが増えたり、細胞を傷つけてがんの原因もなり得るのです。
サラダ油とは?
サラダ油という名称の油は、日本でJAS基準を満たし認証を受けたもの。
変化しにくく食感もよく匂いも少ない、サラダに向く油ということで名前が付けられました。
原材料は菜種油、べに花油、コーン油など様々。
それを搾油して精製し、脱ロウ処理をして作られた油です。
精製度合いが高くサラサラして固まりにくい、使いやすさが特徴です。
現代人に不足しがちな油とは?
昔は、日本人の食べ物といえば穀物や野菜、魚が中心でした。
食が欧米化して肉食が浸透すると脂肪の摂取量が増えてきました。
しかし魚を食べることが急激に減り、オメガ3系列の脂肪酸が不足するようになっています。
オメガ3系列脂肪酸が不足すると脳の機能が低下したり精神不安定になったりという悪影響が出てきますので、魚の油をなるべく摂るようにしましょう。
オメガ3系列の脂肪酸を多く含むえごま油などはテレビや雑誌でもよく取り上げられ、近年大変注目されています。

米油のおすすめ商品

かわしま屋では、国産の米油や安心してお使いいただける米油をお取り扱いしています。

プレミアムなこめ油〈COME-YU〉コメーユ920g-三和油脂

こめ油の特長でもあるクセのない風味はそのままに、より濃厚になりました。

価格
1800 円
在庫数
残り0本
商品ページはこちら

サンワユイル こめ油 600g-三和油脂

一人暮らしの方やまずはお試しにとお考えの方におすすめ。手頃なサイズのこめ油商品です。

価格
600 円
在庫数
残り19本/限定100本
商品ページはこちら

プレミアムなこめ油〈COME-YU〉コメーユ450g-三和油脂 

こめ油の特長でもあるクセのない風味はそのままに、より濃厚になりました。

価格
1600 円
在庫数
残り9本
商品ページはこちら


Well Being 編集部
shop@kawashima-ya.jp

 

無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

SNSをフォロー
Well Being
最新情報はこちらをチェック!