赤ワインビネガーのフルーツドリンク|心も元気になる!ドリンクレシピ

赤ワインビネガードリンク

赤ワインビネガーのフルーツドリンク

サングリアのような、気分もあがるヘルシードリンク。
4.67 from 3 votes
調理時間 5 mins
材料(人分) 1

材料
  

  • 赤ワインビネガー 2 大さじ
  • 炭酸水 1 カップ
  • はちみつ 適量
  • お好みのフルーツ 適量

作り方
 

  • グラスに赤ワインビネガーとはちみつを加えて混ぜます。
  • そこにフルーツと炭酸水を加え、軽く混ぜ合わせればできあがりです。

コツ・ポイント

お好みでミントなどのハーブを添えるのもおすすめです。
このレシピのキーワード リンゴ酢, はちみつ, 赤ワインビネガー, 白ワインビネガー, オーガニック酢

レシピで使ったワインビネガー


あわせて読みたい
料理に差がつく!ワインビネガーを徹底解説 【ワインビネガーとは?】 ワインビネガーとは、ぶどうを絞って発酵してワインにしたものを、さらに酢酸発酵して作った果実酢(フルーツビネガー)です。ワインビネガー...

「赤ワインビネガー」についてのQ&A

赤ワインビネガーの原材料は?

赤ワインビネガーの原材料は、赤ワインです。赤ワインビネガーは、赤ワインを酢酸発酵して作られます。

赤ワインビネガーは体に良いの?

赤ワインビネガーの効果・効能は、身体のバリア力を高め、心身のリフレッシュ効果も期待できます。非加熱、無濾過の赤ワインビネガーは、生きた酢酸菌が豊富に含まれ、健康効果が高いと言えるでしょう。

バルサミコ酢と赤ワインビネガーは何が違うの?

バルサミコ酢と赤ワインビネガーの違いは、発祥地と製法の違いです。バルサミコ酢はイタリア、ワインビネガーはフランスが発祥の地です。また、ワインビネガーは酢酸菌や酵母菌を使って、発酵して作るのに対し、バルサミコ酢は絞ったぶどう果汁を煮詰めてから木の樽に詰め、時間をかけて熟成されます。

赤ワインビネガーにアルコールは含まれているの?

赤ワインビネガーには基本的にアルコールはほとんど含まれていません。アルコールのパーセンテージは、お使いの赤ワインビネガーによって若干異なりますが、アルコールは0.2%ほどです。日本の酒税法では、アルコールが1%未満の場合はノンアルコールに分類されており、赤ワインビネガーのアルコール含有量は極めて少ないと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

動物、植物、夫、子ども、美味しいものとスターウォーズをこよなく愛する1児の母。近頃は、昔苦手だった虫も可愛くなってきました。
将来の夢はパーマカルチャー暮らし。