本格!赤ワインビネガードレッシングのレシピ

フルーティーな赤ワインビネガーを使った、爽やかなドレッシングの作り方をご紹介します。ご家庭で簡単に、本格フレンチの一品がお楽しみいただけます。

赤ワインビネガードレッシング

赤ワインビネガードレッシング

さっぱりとしていて、お野菜のお味をひきたたせる簡単ドレッシング。赤ワインビネガーを使うことで、華やかさがプラスされます。
4.34 from 9 votes

材料
  

  • 赤ワインビネガー 5 大さじ
  • オリーブオイル 5 大さじ
  • マスタード 1.5 大さじ
  • 塩・こしょう 適量

作り方
 

  • 材料をボウルに入れます。
  • 泡立て器などでしっかりと混ぜればできあがり。

コツ・ポイント

オリーブオイルとマスタードをしっかりと混ぜ、全体が白っぽくなるまで混ぜるのがポイントです。
このレシピのキーワード リンゴ酢, MCTオイル, アマニ油, バルサミコ酢, オリーブオイル, オーガニック油, 赤ワインビネガー, 白ワインビネガー, バランスオイル

レシピで使ったワインビネガー


あわせて読みたい
料理に差がつく!ワインビネガーを徹底解説 【ワインビネガーとは?】 ワインビネガーとは、ぶどうを絞って発酵してワインにしたものを、さらに酢酸発酵して作った果実酢(フルーツビネガー)です。ワインビネガー...

「赤ワインビネガー」についてのQ&A

赤ワインビネガーの原材料は何ですか?

赤ワインビネガーは赤ワインが原材料です。
ぶどうを発酵してワインにした後、酢酸菌の力でさらに発酵させて作られた果実酢です。

赤ワインビネガーの飲み方は?

水や炭酸水などお好みで、3〜5倍に薄めてお召し上がりください。お好みではちみつやフルーツを加えるなどしても美味しくお召し上がりいただけます。

バルサミコ酢と赤ワインビネガー何が違うの?

バルサミコ酢と赤ワインビネガーには、2つの違いがあります。
まずは発祥地の違い。バルサミコ酢はイタリア、赤ワインビネガーはフランスが発祥の地です。
次の違いは製法の違い。バルサミコ酢は絞ったぶどう果汁を煮詰めてから木の樽に詰め、時間をかけて自然に発酵・熟成されて作るのに対し、赤ワインビネガーは酢酸菌や酵母菌を使って、発酵させて作られます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

動物、植物、夫、子ども、美味しいものとスターウォーズをこよなく愛する1児の母。近頃は、昔苦手だった虫も可愛くなってきました。
将来の夢はパーマカルチャー暮らし。