大豆ハンバーグの作り方|美味しいヴィーガン(ビーガン)レシピ

 大豆を使った、ベジハンバーグの作り方をご紹介いたします。

大豆ハンバーグ

大豆ハンバーグの作り方|美味しいヴィーガン(ビーガン)ハンバーグのレシピ

ヘルシーで美味しい、植物性の食品だけを使って作るハンバーグの作り方です。
4.58 from 14 votes
調理時間 20 mins
材料(人分) 2

材料
  

  • 蒸し大豆または大豆の水煮 200 g
  • 玉ねぎ 1/2
  • にんじん 1/6
  • 片栗粉 1 大さじ
  • 植物性油 1 大さじ
  • 1/4 小さじ
  • 胡椒 適量
  • パセリのみじん切り、コーン、ひじきなど お好みで

作り方
 

  • 玉ねぎとにんじんをみじん切りにする。
  • フライパンに油を敷き、玉ねぎを炒める。
  • フードプロセッサーに、蒸し大豆、炒め玉ねぎ、塩、胡椒、片栗粉を入れ、ペースト状にする。
  • みじん切りにしたにんじんを加えて混ぜる。お好みで、ひじきやコーンなどもこのタイミングで加えます。
  • 熱したフライパンに多めに油を敷き(油は分量外)、形を整えた大豆ハンバーグを焼く。

コツ・ポイント

油で焼いてから、甘酢あんをかければ和風のおかずに大変身。
このレシピのキーワード 大豆, 大豆イソフラボン

レシピで使った大豆

あわせて読みたい
蒸し大豆の作り方|圧力鍋を使って便利に大豆の下準備 日本食には欠かせない食材のひとつ、大豆。乾燥大豆はそのまま料理には使いにくく戻す必要があります。時間をかけて水煮を作る方法もありますが圧力鍋で蒸すと便利に短時間で下準備ができます。

あわせて読みたい
大豆の栄養成分は?|乾燥大豆の使い方と大豆のおすすめレシピ 大豆はそのまま調理されるだけではなくさまざまな食品に加工され、たんぱく質や食物繊維、カルシウム、ビタミンなど身体を作っていくために必要な栄養素がたくさん含まれています。

「大豆」についてのQ&A

ソイミートを使わなくてもハンバーグが作れますか

ソイミートを使用しなくてもハンバーグは作れます。蒸し大豆や豆腐に、雑穀の「たかきび」を使ったり、高野豆腐を使ったりして食感や味の違いを試してみてはいかがでしょうか?

大豆の栄養は?

大豆の栄養は「畑の肉」と呼ばれるほどタンパク質が豊富に含まれています。そのほかにも食物繊維、鉄分、大豆イソフラボン、サポニンなどさまざまな栄養素が含まれています。

蒸し大豆は1日何粒まで食べられるの?

大豆は食べすぎると、お腹が緩くなってしまう可能性がございます。厚生労働省の指針では、大豆を含む豆類の1日の摂取量は100gくらいとされています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

動物、植物、夫、子ども、美味しいものとスターウォーズをこよなく愛する1児の母。かわしま屋に入って、腸内環境がとても良くなりました。
将来の夢はパーマカルチャー暮らし。