びわの葉茶の淹れ方

こちらの記事もオススメ

びわの葉の効能|びわの葉化粧水やびわの葉温灸の方法もご紹介

古くから「大薬王樹」と呼ばれていて民間療法などにも活用されてきたビワの木。そのビワの木から採取できる果実の葉が「びわの葉」と呼ばれています。薬用としても多く利用されていびわの葉が持つ驚くの効果をご紹介いたします

松の葉茶の淹れ方と効能|血管を強くきれいにして、高血圧予防に!

大昔から中国では仙人も飲んでいたと言われるほど、健康効果が高く期待される松の葉。クロロフィルやビタミン・ミネラルも豊富!血液サラサラ効果やコレステロール低下効果もあるとされています。

桃の葉茶の淹れ方と効能|あせも、湿疹などの肌トラブルに効果的!

エキスを抽出すればあせも・肌荒れ・湿疹など皮膚の疾患に。桃の葉茶として飲めば血液の循環や美肌に良いとされ、古くから広く活用されてきました。そんな優秀な桃の葉の使い方、効能を詳しくご紹介。

桑の葉茶の淹れ方と効能|糖の吸収を抑え、糖尿病対策・ダイエット効果に期待!

市販の青汁にも使われる、栄養豊富な桑の葉。ビタミン・ミネラルのほか、血糖値を下げる効果があると言われ、糖尿病予防やダイエットに効果が期待されます。そんな桑の葉の摂り方をご紹介。

柿の葉茶の淹れ方|レモンの20倍のビタミンCで免疫力アップ・美肌にも効果的!

柿は実だけでなく葉にも栄養が豊富です。殺菌作用もあり昔から柿の葉寿司・柿の葉茶などに活用されてきました。ビタミンCはレモンの20倍と言われ、お肌の悩みにも効果的です。

よもぎの効能と使い方|女性にやさしいハーブ、身近な万能薬

栄養成分が凝縮。乾燥茶葉を使った野草茶の淹れ方。

新着記事をまとめてチェック!

びわの葉の効能|びわの葉化粧水やびわの葉温灸の方法もご紹介

古くから「大薬王樹」と呼ばれていて民間療法などにも活用されてきたビワの木。そのビワの木から採取できる果実の葉が「びわの葉」と呼ばれています。薬用としても多く利用されていびわの葉が持つ驚くの効果をご紹介いたします

ニュージーランドからの贈り物ー マヌカハニーについて生産者の方に教わりました

体に良いと話題のマヌカハニー。 いざ買おうとすると「どれを選べばいいの?」「数値表記があるけど高いほどいいの?」とさまざまな疑問がでてきて迷われる方が多いのではないのでしょうか。 マヌカの花は日本で自生しないため、国産のマヌカハニーが無いことも判断しづらい点ですよね。 そこで今回は、ぜひ生産者の生の声を聞きたい!と思い、かわしま屋でも取り扱いをしている「アピビー」の宇田さんにお話しを伺うことにしました。

「菱六」助野彰彦さんの麹づくり講座|家庭でできる麹づくり

京都の老舗種麹屋「菱六」助野彰彦さんの麹づくり講座に参加してきました。

はじめてのぬか床づくり・腸内環境を改善するぬか漬けワークショップ

「ぬか漬けをはじめてみたいけど、難しそうでまだ踏み切れない」「ぬか床づくりにチャレンジしたけど挫折した」そんな人のためのワークショップです。

Fermentation Tourism Nippon by 小倉ヒラク

発酵デザイナー小倉ヒラクさんが1年半かけて準備をした展覧会。47都道府県のローカルでディープな発酵の品々が展示されています。

発酵デザイナー小倉ヒラクさんに聞く 「発酵から再発見する日本の旅」 

かわしま屋のお客様にもファンの多い、発酵デザイナー小倉ヒラクさん。4月26日からは、渋谷ヒカリエで展示会「Fermentation Tourism NIPPPN〜発酵から再発見する日本の旅〜」が開催されます。また、5月には新書「日本発酵紀行」も出版される予定です。  本日はさまざまな方面でご活躍中のヒラクさんに、展示会に向けて全国各地をめぐった取材のウラ話や、発酵文化の魅力や課題点などについてお伺いしました。

人気記事ランキング