レモン酢の作り方|電子レンジを使えば簡単で続けやすい!

レモン酢

レモン酢

レモン酢は、レモンとお酢、砂糖を漬け込んだドリンクで、健康や美容に良いと言われています。 市販もされていますが、手作りも簡単にできますよ。手作りすれば、漬けたレモンも無駄なく活用できるメリットも。 ぜひレモン酢作りに挑戦してみてください。
4.62 from 21 votes
調理時間 1 d
材料(人分) 2 人分

材料
  

  • レモン 1
  • 400 ml
  • 氷砂糖 180 g
  • 保存瓶(耐熱のもの) 1

作り方
 

  • レモンは、お湯をかけながら、表面をタワシを使ってよく洗い、ペーパータオルで水分を拭き取ります。
  • レモンを幅0.5~1cmの輪切りにします。
  • 保存瓶に、レモンと氷砂糖を入れ、お酢を注ぎます。
  • 瓶にふたはせず、電子レンジにかけます( 500Wなら1分20秒程度、600Wなら50秒程度が目安)。
  • 電子レンジから瓶を取り出して、ふたをし、常温で12時間ほど置いたら完成です。 氷砂糖が多少溶け残っていても問題ありません。

コツ・ポイント

漬けたレモンにもまだ栄養成分が残っているので、無駄なく活用しましょう。 細かく刻んでヨーグルトやサラダにトッピングしたり、ドレッシングやマリネに加えたりするとおいしいですよ。
レモン酢は大さじ1~3杯(15~45ml)程度が1日の摂取量の目安です。 水やお湯、炭酸水や牛乳で割って飲むのがおすすめです。
レモン酢は常温で約1年間保存できます。 直射日光が当たる、暑い場所で保存するのは避けてください。
このレシピのキーワード ダイエット, 血糖値, 美肌

レモン酢作りにおすすめのリンゴ酢

リンゴ酢とレモンの健康効果

リンゴ酢とレモンは、それぞれ多くの健康効果が期待されており、多くの人がこれらの効果に注目しています。具体的な効果について詳しく見ていきましょう。

リンゴ酢の効果

脂肪の分解: 酢酸が脂肪の分解を助ける酵素の働きを活性化するという説はあります。いくつかの動物実験では、酢酸が脂肪蓄積を抑制し、脂肪分解を促進する効果が示されています。ただし、人間における同様の効果はさらに研究が必要です。

食欲抑制: 酢酸が満腹感を促進し、食欲を抑えるという研究結果もあります。少量の酢を食事とともに摂取することで、食後の血糖値の急上昇を抑え、インスリン感受性を向上させる効果があるとされています。

レモンの効果

脂肪燃焼: ビタミンCはカルニチンの生成に必要な栄養素です。カルニチンは脂肪酸をミトコンドリアに運び、エネルギーとして燃焼させる役割を果たします。したがって、ビタミンCが不足すると、脂肪燃焼効率が低下する可能性があります。

クエン酸の効果: クエン酸は体内のエネルギー生成を助ける仕組みを活性化します。これにより、効率よくエネルギーが作られ、疲れをとる効果が期待できます。

レモン酢作りにおすすめの商品

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

読み物コンテンツ担当。乾燥肌を改善すべく化粧品成分をチェックするのにハマり化粧品成分上級スペシャリストを取得。趣味は読書とお昼寝、自然スポットめぐり。