家庭でもできる柿酢の作り方|レシピ

酢

柿酢の作り方

いっけん難しそうなお酢づくりですが、柿酢であればご家庭でチャレンジできます。簡単にできる柿酢の作り方を紹介します。
3.75 from 28 votes
調理時間 60 d

材料
  

  • 3 kg
  • 0.7~1.4 L
  • ドライイースト 小さじ 1
  • 米酢 40~45 ml
  • 保存容器 1
  • ネット(虫が入らないようにする目が細かいネット) 1

作り方
 

  • 【柿を仕込む】
    柿を軽く水洗いします。
    表面に発酵に必要な酢酸がついているので洗いすぎないようにしましょう。
    また、柿のヘタを切り落としておきましょう。
  • 【容器に入れて潰す】
    柿を容器に入れて潰します。
    固めの柿の場合はすり鉢などを使って軽く潰すと良いでしょう。
  • 【容器の中に水とイーストを加え混ぜる】
    容器の中の柿に水を加えます。
    さらにドライイーストも加えてゼンタが混ざるようにゆっくりかき混ぜます。
    容器の口部分にネットをかぶせ虫が入らないようにフタを乗せます。
  • 【発酵させる】
    25~28度の環境で発酵させます。
    1日で泡が出始め、1週間ほどで泡は少なくなります。
  • 【容器に酢を加える】
    容器に入った柿酢の原液に米酢を加えます。
    容器の口部分にネットを再度かぶせ虫が入らないようにしてください。
    フタはせずに、35~40度のところで保管し2回めの発酵を行います。
  • 【酢の完成です】
    20日~1ヶ月ほどで酢の状態になります。
    柿酢の表面の膜が薄ければ成功ですが、厚い場合は発酵に失敗した可能性があります。
    腐敗の香りがした場合はすぐに捨てましょう。
  • 【さらに熟成させる】
    上手く発酵できたものは、さらし布を使ってさらに濾します。
    濾した柿酢は容器に戻して68度~72度のお湯で10分間湯せんして過熱します。
    湯せんが終わったら熱を冷ましフタをして1週間から1ヶ月ほど熟成させます。
このレシピのキーワード 酢レシピ

あわせて読みたい
柿酢の簡単な作り方レシピ!カビが出てしまったときの対処法も カリウム豊富な柿酢について、その健康効果や作り方をご紹介。

かわしま屋のおすすめ【酢】

佐賀県産 純柿酢 無濾過にごり酢・1年間発酵・熟成させた酢 (富有柿100%)-1000ml - 【送料無料】 かわしま屋

生きた酢酸菌が入っている、国産の柿酢です。九州産の富有柿だけを使用した柿酢で、1年間発酵・熟成させています。

価格
2380 円
在庫数
残り17本
かわしま屋の商品を見る >>

佐賀県産 純米酢 無濾過にごり酢|長期間発酵・熟成させた純米酢 (佐賀県産米100%)-1000ml- かわしま屋

生きた酢酸菌が入っている、国産の純米酢です。九州産の米だけを使用した純米酢で、1年間発酵熟成させています。

価格
1780 円
在庫数
残り31本
かわしま屋の商品を見る >>

国産純リンゴ酢無濾過にごり酢・180日間静置発酵 (長野県産リンゴ100%)-1000ml-かわしま屋-

生きた酢酸菌が入っている、国産のりんご酢です。生のりんごを使用したりんご酢で、180日間静置発酵させています。

価格
2180 円
在庫数
残り464本
かわしま屋の商品を見る >>

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

読み物コンテンツ・動画編集担当。もとは運動からは縁遠い生活。せめて散歩を…とはじめてみたら今ではジョギングになりました。習慣ってすごいと実感中。焼き魚が好き。寒さに弱い。