無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

発酵名人で作る筑前煮

筑前煮

じっくりと煮含めて時間のかかる筑前煮ですが、圧力調理をすると短い加圧時間でしっかりと味がしみ込みます。
干ししいたけも水で戻さずにそのまま入れて、下ごしらえもいらずに出来上がります。

※発酵名人は、麹や甘酒、テンペなど数々の発酵食品を自宅で作ることのできる調理家電です。
発酵食づくりをこよなく愛するかわしま屋の沢山のお客様のリクエストを活かし、3年5か月の期間を経て開発された、オリジナル商品です。
圧力鍋としてもさまざまな料理に活用してただけます。
近日発売予定です。

材料

材料
・鶏もも肉  2枚
・ごぼう 2本
・人参  2本
・干ししいたけ  8枚
・水 1カップ
・砂糖 大さじ3
・しょうゆ 大さじ3

筑前煮の作り方

1.材料を切る

材料を切る

鶏もも肉は余分な脂を落として一口大にります。
人参はよく洗い、皮のまま乱切りにします。
ごぼうはたわしなどで良く洗い、大きめの乱切りにして水にさらしておきます。
干ししいたけはさっと洗い、いしずきを折る。

2.材料を入れる

入れる

切った材料を発酵名人の内釜に入れます。

3.調味料をまぜておく

調味料

水と砂糖としょうゆをまぜておきます。

4.調味料を入れる

調味料

材料の入った発酵名人に混ぜた調味料を回しかけます。

5.圧力調理

圧力炊飯

発酵名人の蓋をしっかりと締めます。
圧力開放弁が「密封」を指していることを確認してください。

「圧力調理」ボタンを押して圧力レベルをP6、時間を3分にセットします。
しばらくして、圧力が上がったらカウントダウンが始まります。

6.混ぜる

開ける

発酵名人のフロートが下がったら蓋をあけます。

混ぜる

木べらなどで底の方から混ぜて味をなじませます。

7.できあがり

完成

蓋をしてしばらく保温をしておくとより味がしみ込みます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

コンテンツ、写真撮影担当。暇があったらキッチンで発酵食品や保存食品を作ったり、写真を撮ったりしています。趣味は一人で映画に行くこと。