MCTオイルコーヒーでダイエット!バターなしでも美味しく飲める

MCTオイルコーヒでダイエット!バターなしでも美味しく飲める

「自分を変える最強の食事」で紹介され、瞬く間にダイエッターの中で話題になったバターコーヒー。人気ぶりにあやかり、アレンジされたレシピなども多く登場しました。

この記事では、アレンジレシピのひとつ「MCTオイルコーヒー」について紹介します。作り方やおすすめの飲み方、管理栄養士おすすめの飲むタイミングなどを解説していますよ。

「バターコーヒーが気になっていたけど、乳製品アレルギーで飲めない……」
「ダイエットの効果を短期間で感じられるコーヒーの飲み方を知りたい!」
という方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

MCTオイルコーヒーとは

MCTオイルコーヒーとは

MCTオイルコーヒーとは、MCTオイルを加えたコーヒーのことです。効率よくエネルギーに変換されるため、食事や間食の置き換えとして飲み、空腹をしのぐ方もいます。

MCTオイルは中鎖脂肪酸が豊富な油です。中鎖脂肪酸はエネルギーとして利用しやすく、糖質がない状態でも脳や筋肉の働きをサポートします。

そのうえ血糖値を上げないため、インスリンによる脂肪の合成も予防。MCTオイルコーヒーと糖質制限を合わせることで、スムーズな減量につながりやすいです。

MCTオイルの効果効能についてはコチラの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
MCTオイルの効果とは?ダイエットに有効?おすすめの使い方もご紹介 ダイエット効果や認知症への効果が話題のMCTオイル。他のオイルとの違いや詳しい効果、MCTオイルを使ったおすすめのダイエット方法や食習慣への取り入れ方をご紹介します。

MCTオイルコーヒーとバターコーヒーの違い

MCTオイルコーヒーとバターコーヒーの違い

MCTオイルコーヒーに似たもので「バターコーヒー」というものがあります。MCTオイルコーヒーとバターコーヒーの違いは何でしょうか?

答えは「バターがあるかないか」です。MCTオイルは、バターコーヒーからバターだけを除いたものになります。

それぞれの材料を確認してみましょう。

バターコーヒーの材料は次の3つ。

・グラスフェッドバターまたは無塩バター
・ブレインオクタンオイルまたはMCTオイル
・良質なコーヒー

一方、MCTオイルコーヒーの材料は次の2つです。

・MCTオイル
・お好きなコーヒー

手軽にバターコーヒーを楽しみたい時におすすめ

[colormeshop_page product_id=”167930113″ template=”default”]


あわせて読みたい
バターコーヒーの作り方|ダイエット効果は本当?体験レポート公開! アメリカで大流行し、日本でも大注目のバターコーヒー(完全無欠コーヒー)。「くわしい材料やダイエット方法は?」「効果は? 味は?」「バターを摂っても太らないの?」気になる情報をまとめました。

MCTオイルコーヒーの作り方

MCTオイルコーヒーの作り方

MCTオイルコーヒーの作り方を紹介します。クリーマーや小さなホイッパーがあるとMCTオイルをしっかりと混ぜることができるので、おすすめです。

材料

・MCTオイル・・・大さじ1前後
・お好きなホットコーヒー1杯

作り方

1.コーヒーを淹れます。
2.コーヒーにMCTオイルをいれます。
3.2をクリーマーでしっかり混ぜたら完成

※きちんと混ぜるとMCTオイルが乳化し、胃腸への刺激が軽減されます。

MCTオイルコーヒーを飲むタイミングは?

MCTオイルコーヒーを飲むタイミングは?

では、MCTオイルコーヒーはいつのタイミングで飲むのが適しているのでしょうか?おすすめのタイミングを理由とあわせて紹介します。

本家シリコンバレー式では朝食の代わりに

バターコーヒーを提唱した起業家デイヴ・アスプリー氏の著書「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」では、朝食に摂るように記載されています。MCTオイルもバターコーヒーに近しい作用があり、適度な脂質が摂れるので朝食の代わりに飲めば空腹も和らぎます。

一定期間の絶食を設けるため、朝食を抜いている方も試していただきたいタイミングです。MCTオイルコーヒーであれば、体が必要なエネルギーを補給できますよ。

管理栄養士のおすすめは間食

管理栄養士がおすすめするMCTオイルコーヒーを飲むタイミングは「間食」です。小腹が空いてくると、ついついつまんでしまうお菓子類。ひとつひとつは低カロリーだとしても、気付けばたくさん食べて高カロリーになってしまう……なんてこともありますよね。

小腹が減ってきたら、MCTオイルコーヒーでしのぎましょう。エネルギーと抗酸化作用をもつポリフェノールが摂れるので、ダイエットに励んでいるときに好適です。

昼食・夕食もOK

仕事や用事で時間が取れないなど、昼食や夕食が食べられない場合にMCTオイルコーヒーに置き換えてもいいですね。欠食をしてしまうとエネルギーが不足しますが、MCTオイルを飲めばしっかり補えます。

ただし、意図的に毎食MCTオイルコーヒーに置き換えるなど、過剰な方法はとらないようにしてください。MCTオイルで摂れる栄養はエネルギーと脂質です。多くの栄養素は不足していますので、食事のバランスを整えることは忘れないようにしましょう。

MCTオイルコーヒーを美味しく飲む方法

MCTオイルコーヒーを美味しく飲む方法

バターコーヒーに比べ、ミルキー感が少ないMCTオイルコーヒー。「少し飲みにくいな」と感じる方へ、美味しく飲める方法をいくつか提案します。

ココナッツミルクを入れる

中鎖脂肪酸を含むココナッツミルクをプラスしてみましょう。ココナッツの風味とコクが合わさって、飲みにくさも改善されやすいです。「ココナッツが苦手だな」という方は、次に紹介する牛乳でもいいですよ。

牛乳を入れる

牛乳も短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸を含んでいます。MCTオイルほどのではありませんが、エネルギー補給したいときに適した飲み物です。

牛乳を足すことでカフェオレのような状態になり、飲みやすくはなります。ただ、牛乳は糖質を含むので、控えたい方は注意しましょう。

甘味料で甘味をプラス

ラカントやエリスリトールなど天然の甘味料をプラスすれば、甘くて低糖質なMCTオイルコーヒーがつくれます。MCTオイルコーヒーを飲もうか考えている方は、おそらく糖質を避けたいのであろうと推測したうえで、ラカントやエリスリトールを提案しています。そこまで厳密に糖質カットしなくてもいいのであれば、はちみつを入れても美味しいですよ。

MCTオイルコーヒーと食事は時間をずらして

MCTオイルコーヒーと食事は時間をずらして

MCTオイルコーヒーを飲むとき、食事と同じタイミングはあまりおすすめできません。コーヒーのタンニンはミネラルの吸収を阻害する働きがあります。せっかくミネラルたっぷりの食事を摂っても、スムーズに利用できない可能性も。

よって、MCTオイルコーヒーは食事を食べる時間とは切り離した方がいいです。食事の代わりにMCTオイルを飲む、もしくは普段の間食をMCTオイルコーヒーに置き換えるようにしましょう。

MCTオイルコーヒーのQ&A

MCTオイルコーヒーはバターコーヒーとどう違うのですか?
MCTオイルコーヒーとバターコーヒーは、材料にバターがあるかどうかで違います。MCTオイルコーヒーはバターを使わないので、バターコーヒーよりも栄養価が少し下がります。
MCTオイルコーヒーは飲むだけで痩せますか?
MCTオイルコーヒーは飲むだけでは痩せません。食事のバランスを整えて摂取エネルギーを適正に保つことをベースに、MCTオイルコーヒーを取り入れるようにしましょう。MCTオイルコーヒーをいつもの間食と置き換えて飲むのがおすすめです。
MCTオイルコーヒーはいつ飲んでもいいのですか?
ご自身の目的に合っていればいつ飲んでも大丈夫ですが、眠りたい時間直前は避けましょう。カフェインは覚醒作用があるので、眠りにつきにくくなります。

記事の監修

この記事は管理栄養士の方に監修していただいています

管理栄養士

川野 恵

MCTオイルコーヒーは、手軽にエネルギーを補いたいときにおすすめのドリンク。バターコーヒーよりも材料が少なく、エネルギー量も低くなります。バターコーヒーのようなミルキー感を出したいときは、牛乳やココナッツオイルを上手に利用しましょう。また、MCTオイルコーヒーはエネルギー源として優秀ですが、不足している栄養素が多いです。よって、3食すべてを置き換えることはしないでください。1日に飲む量としては、食事の代わりに飲むときは2杯ほど、間食の置き換えにする際は1杯ほどがちょうど良いです。MCTオイルはあくまで油なので、飲み過ぎれば太ることを忘れないようにしましょうね。

おすすめの商品

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

東京都出身。酉年生まれ。2児の父。趣味は読書と散歩と足のつぼ押し。
洗濯物をたたむのが苦手。煮豆と井上陽水が好き。