オリーブオイルと醤油の和風ドレッシングの作り方|サラダをもっとおいしくヘルシーに

大人気!オリーブオイルと醤油の和風ドレッシング

オリーブオイルと醤油を使った和風ドレッシングのレシピです。サラダのほか、冷奴、焼き肉、蕎麦や素麺などのタレにもおすすめです。
4.46 from 48 votes
調理時間 5 mins

材料
  

  • エクストラバージンオリーブオイル 大さじ 4
  • 醤油 大さじ 2
  • 大さじ 2
  • お好みの甘み(はちみつ、甜菜糖、甘酒など) 小さじ 1
  • 炒りごま お好みで

作り方
 

  • 全ての材料をよく混ぜ合わせて完成です。

コツ・ポイント

・ドレッシングのように非加熱でオリーブオイルを摂る場合、良質なエクストラバージンオリーブを選びましょう。フレッシュなコクとピリッとした後味がアクセントになりますよ。またオリーブオイルに含まれるオレイン酸の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールの働きを活性化させるなどの健康効果もアップするでしょう。
・使用するお酢は、ワインビネガー、バルサミコ酢、黒酢、ココナッツビネガーなど、その日の気分で変えるといろいろな味を楽しめますよ。
このレシピのキーワード オリーブオイル, ドレッシング

\ 無ろ過で栄養豊富なエクストラバージンオリーブオイルはこちら /

オリーブオイルの商品を見る >>

オリーブオイルドレッシングについてのQ&A

オリーブオイルと醤油のドレッシングはどんな料理に合いますか?

オリーブオイルと醤油のドレッシングは、生野菜のサラダ、パスタ、魚料理、鶏肉料理などによく合います。また、豆腐や納豆などとも相性がいいです。特に、新鮮なサラダにかけると、その風味と滑らかな食感が引き立ちます。

オリーブオイルと醤油で作るドレッシングにはどんな健康効果がありますか?

オリーブオイルと醤油のドレッシングには、オリーブオイルと醤油のそれぞれに含まれる成分による健康効果があります。オリーブオイルには、不飽和脂肪酸やポリフェノールなどの抗酸化物質が豊富に含まれており、コレステロールや血圧を下げる効果や、動脈硬化や心疾患の予防効果が期待できます。醤油には、たんぱく質やビタミンB群などの栄養素が含まれており、消化吸収を助けたり、疲労回復や美肌効果を促したりします。

和風ドレッシングのアレンジ方法は?

和風ドレッシングのアレンジ方法は、使用するお酢の種類を変えたり、わさびや生姜、ハーブを加えても美味しくいただけます。お刺身や、蒸し野菜、ローストビーフなどにかけていただくのもおすすめです。

どのようなオリーブオイルがドレッシングに最適ですか?

ドレッシングにおすすめのオリーブオイルは、「エクストラバージンオリーブオイル」です。
エクストラバージンオリーブオイルは、最初のプレスで得られるオイルで、風味が豊かで鮮やかな色合いが特徴です。非加熱で味わうからこそ、オリーブの新鮮な風味とフルーティーさを堪能できるでしょう。
ご使用になるオリーブオイルによって、味や香りが異なります。
かわしま屋の「有機エクストラバージンオリーブオイル」は、香りが良く、個性が強くないので、サラダなどのお料理によく合います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

動物、植物、夫、子ども、美味しいものとスターウォーズをこよなく愛する1児の母。近頃は、昔苦手だった虫も可愛くなってきました。
将来の夢はパーマカルチャー暮らし。