肌を綺麗にする方法|正しいスキンケアでニキビやシミを予防

肌を綺麗にする方法

トラブル知らずの綺麗な肌になるには、正しいスキンケアと食生活や生活習慣などによるインナーケアが重要です。

この記事では綺麗な肌になるための生活習慣や、中学生や高校生用のスキンケアについても紹介しています。ニキビ跡ケアについても触れているので、ぜひ実践してみてください。

綺麗な肌の特徴

綺麗な肌の特徴

気になるところを隠そうとするほど、どうしても厚塗りになってしまうファンデーション。ノーファンデで通用する肌に憧れる方も多いでしょう。ニキビや毛穴の開きなどの肌トラブルがないことに加え、綺麗な肌にはいくつか特徴があるのです。

潤っていてキメが整っている

パウダーが粉浮きしたり、毛穴に落ちたり…潤ってキメが整っている肌であれば、そのようなお悩みとは無縁です。潤いのある肌は、しっかりとした角質層が形成されたバリア機能の整った肌。外からの刺激にも強いため、赤みや痒みも出にくいのです。

血色が良い

年齢を重ねるにつれて肌の色がくすむのは、毛細血管の血流が低下するためです。血流は肌の色味だけでなく、ターンオーバーにも大きな影響を与えます。生活習慣や食生活でも血流改善は可能です。くすみのない明るい肌になるために、全身の血流改善を目指しましょう。

参考文献:
「頚部・デコルテの皮膚生理機能と形態特徴の加齢変化」

ハリやツヤがある

しわやたるみを感じさせない肌の弾力感やツヤも、綺麗な肌の要素の一つです。肌の弾力は、コラーゲンやエラスチンといった加齢によって減少する内部線維の影響が大きく現れます。化粧品だけでなく、食事でも栄養素を補給しなければなりません。

【全年代向け:内側からのケア】肌を綺麗にする方法

綺麗な肌を目指すために、大人はどうしても化粧品に頼ってしまいがち。しかし根本から肌を変えるには、内面の健康が必要不可欠です。食生活や生活習慣を見直すだけでも、むくみやくすみなどの肌悩みの改善が期待できます。

食生活を整える

食生活を整える

うまく排出されずに腸内に溜まった老廃物は、細菌やからだに悪影響を及ぼす物質を発生させます。

綺麗な肌には、バランスの良い食事が一番重要です。「〇〇だけダイエット」といった極端なダイエットをすると、腸内細菌のバランスが乱れてしまいます。タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素はどれも綺麗な肌には必要不可欠。そして、そうした栄養素を吸収するためには、健康な腸も必要です。

※肌にいい食べ物が気になる方はこちらもどうぞ

あわせて読みたい
肌にいい食べ物とは|ニキビや乾燥トラブルに体内からアプローチ ニキビや乾燥、シミ、たるみなどの肌悩みは、食生活からも改善可能。肌トラブル別のおすすめ食材やレシピを知って、体内からのアンチエイジングを目指しましょう。コンビニでも買える美肌食品や手軽な粉末乳酸菌があれば、毎日簡単に肌にいい食生活が実現可能です。

※腸内環境を整えるならやっぱり「腸活」

あわせて読みたい
腸活で美肌・便秘解消も!腸内環境を改善するおすすめ腸活食材をご紹介 最近よく聞く「腸活」という言葉。腸を整えることで、便秘解消だけでなく、美肌やダイエットも叶うとあって、注目度は急上昇!「腸活するには、何を食べればいいの?」「腸活でなぜ美肌になるの?」など、腸活初心者の気になる疑問にお答えします。
乳酸菌パウダー

十分な睡眠をとる

十分な睡眠をと

うまく排出されずに腸内に溜まった老廃物は、細菌やからだに悪影響を及ぼす物質を発生させます。

成長期でなくても、質の良い睡眠は心身の健康に重要です。人によって必要な睡眠時間は異なりますが、一般的には6~7時間と言われています。睡眠時間が足りていても、寝る直前までスマホやテレビを観ていると脳は活性されたまま。同様に食後2時間以内の睡眠も、消化活動によって睡眠の質が低下します。

綺麗な肌を目指すためには、睡眠環境を今一度見直してみましょう。

こまめに水分補給

こまめに水分補給

うまく排出されずに腸内に溜まった老廃物は、細菌やからだに悪影響を及ぼす物質を発生させます。

綺麗な肌は潤っていることが必須条件。カフェインを含まないお茶や水をこまめに飲むことが重要です。1日に必要な水分量の目安は体重1kgあたり40ml。体重50kgの方だと、2Lです。食事から摂る水分を除いたとしても、1L以上の水分補給が必要となります。

参考文献:
「厚生労働省 健康のため水を飲もう講座」

【30代以上向け:スキンケア】肌を綺麗にする方法

【30代以上向け:スキンケア】肌を綺麗にする方法

大人におすすめのスキンケアは、「雑誌で1位だったから」や「口コミが良かったから」だけでは決められません。まずは、自分の肌をよく知ることが重要です。月経周期や季節でも肌は変化します。揺らぎに合わせてスキンケアを調整することが、綺麗な肌への第一歩です。

油分を適度に残すクレンジング洗顔

年齢を重ねるにつれて、肌の水分量や油分は減少します。クレンジングや洗顔料を選ぶ基準が「さっぱりする」の方は要注意。油分を落としすぎている可能性があります。洗浄力の強いものを選ばずに、洗顔前の蒸しタオルやすすぎを長くするなどの工夫でさっぱり感を得ましょう。

化粧品でターンオーバーを整える

ターンオーバーの周期が、年齢を重ねると伸びてしまうのは当然のこと。時には化粧品で肌を活性させるのが効果的です。肌のごわつきが気になる時には、ビタミンAやビタミンCを含むターンオーバー促進を謳う化粧水や美容液を取り入れてみましょう。

お手入れの最後はしっかり保湿

たっぷり化粧水を使用しても、必ず蒸発は起こります。そのためには、最後の蓋が重要です。蓋となるのは、乳液やクリームなどの油分を含む化粧品。ベタつきが苦手な方も、少量で良いので使用しましょう。

シミ予防は摩擦予防から

摩擦刺激によってメラニン色素の分泌は活発になり、シミの一因となります。洗顔やメイクでの摩擦を極力避けるのが、シミ予防には重要です。最近ではマスクでの摩擦も、肌トラブルの原因になっています。マスクを付ける時は、スキンケアとメイクでワンクッション挟むのがおすすめです。

アンチエイジングの大敵!紫外線対策は入念に

肌の老化の原因のほとんどは紫外線による光老化。紫外線対策は、綺麗な肌には欠かせません。日焼け止めをSPFの高さで選んでいませんか?SPF50+などのSPF値が高い日焼け止めは、肌への刺激も強め。海やゴルフなど一日中外にいる時以外は、おすすめできません。

SPF値の低い低刺激なものをこまめに塗り直したり、帽子や日傘など他の紫外線対策と併用するのが、日常生活にはおすすめです。

Well Being -かわしま屋のWebメディア-ではスキンケアにおすすめのオーガニックオイルやエキスの情報もまとめていいます。

あわせて読みたい
ココナッツオイルの効果効能とは|使い方やダイエット効果も徹底解説 近年一気に身近な食材となってきたココナッツオイル。 良質なココナッツオイルの選び方、4つの効果・効能、レシピをご紹介します。また、料理だけじゃない髪のケアとしての使い方もご紹介。さらに「ダイエットには効くのか?」「副作用はあるのか?」など気になる疑問についても徹底解説します。
あわせて読みたい
ホホバオイル|全身使える万能オイルの活用法と効果・効能 安価で万能、髪の保湿などいろいろ使える優れもの…そんなイメージのホホバオイル。 でも、ホホバオイルの中にも種類があることや、他のオイルとは違うホホバオイルだけの特徴、ご存じでしたか? 今回は、意外と知られていないホホバオイルの使い方や効果などについて、詳しくご紹介します。

あわせて読みたい
アルガンオイルの効果と使い方|お肌と髪に嬉しいスーパーオイル 「モロッコの黄金」とも呼ばれるアルガンオイル。 オリーブオイルを凌駕するともいわれる美容成分や肌馴染みの良さが話題となり、今や美容オイルの代表格のひとつと言っても過言ではありません。 今回は、そんなアルガンオイルの詳しい使い方や効果についてご紹介します!

【中学生&高校生向け:スキンケア】肌を綺麗にする方法

【中学生&高校生向け:スキンケア】肌を綺麗にする方法

お洒落に気を使い始める時期のニキビは、本人も親も気になるもの。成長期の活発な皮脂分泌によるニキビも多いのですが、前髪やスタイリング剤がニキビの原因になっていることもあります。髪形やスタイリングを変えて、ニキビが治まるか様子を見てみるのもおすすめです。

毛穴詰まりの解消には洗顔と保湿

ニキビに皮脂は天敵のように思えますが、皮脂の取り過ぎも実は毛穴詰まりの原因となります。皮脂を取りすぎて肌が乾燥すると、肌のバリア機能が弱まります。すると、それを補おうとさらに皮脂が過剰に分泌されるのです。

低刺激な洗顔で優しく洗い、すすぎはしっかり。洗顔後には化粧水と乳液やクリームで保湿しましょう。ニキビを引き起こしにくい「ノンコメドジェニックテスト済み」の記載がある化粧品がおすすめです。

ニキビケアにはニキビ専用化粧品?

ニキビ専用化粧品と謳っていてもその成分はまちまち。中にはさっぱり感を出すためにエタノールなどのアルコールが多く含まれている製品もあります。乾燥や皮膚常在菌にダメージを与える原因となるため、ニキビ専用化粧品を無理に使う必要はありません。

ニキビ跡ができてしまった時の対処法

ニキビ跡予防には、ニキビの炎症を抑えることと潰さないことが重要です。ニキビの段階やニキビ跡の種類によって、必要なケアは異なります。

  • ①今あるニキビの炎症を抑える:抗炎症成分(アラントインなど)の入った化粧品や薬
  • ②茶色く残ったニキビ跡:ビタミンCやハイドロキノンなどの美白成分で色素沈着のケア
  • ③クレーター:ビタミンAやビタミンCなどが入った化粧品でターンオーバーを促す
あわせて読みたい
どくだみ化粧水の作り方|シミや肌荒れ・ニキビに効果はある? どくだみエキスで作る、簡単な化粧水の作り方。さまざまな肌トラブルにおすすめの万能化粧水です。さらに どくだみ化粧水はニキビに効く?シミには?実際に使っている人の口コミなどご紹介いたします。どくだみ化粧水作りに最適な乾燥葉も販売しています。
あわせて読みたい
びわの葉化粧水の作り方|肌トラブルを解消 手作り化粧水 びわの葉は肌トラブルにも効果があり、びわの葉化粧水にはなめらかできめ細かい肌を保つ効果があるといわれています。そんなびわの葉を使ったびわの葉化粧水の作り方をご紹介しています。
あわせて読みたい
ヨモギ化粧水の作り方 ヨモギエキスを使った簡単な化粧水の作り方をご紹介

肌を綺麗にする方法に関するQ&A

肌のざらつきはどのようにケアすればいいですか?
滑らかな肌になるためには、しっかり洗顔をするだけでなく、その後の保湿も重要です。ざらつきが気になるときはビタミンA配合の化粧品でターンオーバーを促進するのもおすすめです。
鼻に黒いポツポツがあるのは洗顔不足でしょうか?
しっかり洗顔しても毛穴の汚れが気になるときは、保湿を見直しましょう。皮脂分泌が活発な思春期でない限り、乳液やクリームでの保湿も必要です。
乾燥が酷い時は洗顔しない方がいいですか?
たとえ外出しない日でも肌には汚れが付着します。汗や埃、花粉などを洗い流すためにも洗顔は必要です。乾燥が気になる時には、皮脂を取り過ぎないようにぬるめの水のみでの洗顔がおすすめです。

かわしま屋おすすめの商品

日本の発酵食品からとれた「腸活乳酸菌パウダー」(100g)【送料無料】*メール便での発送*_t1

日本古来の発酵食品のみを原材料とした、植物性乳酸菌のパウダーです。飲みやすい微粉末。毎日続けて腸から健康に!

価格
4580 円
在庫数
残り0個
かわしま屋の商品を見る >>

オリゴ糖 (粉末) 腸活シンバイオティクス 150g【送料無料】*メール便での発送*_t1

オリゴ糖(粉末)|8種のオリゴ糖+乳酸菌・ビフィズス菌+食物繊維を独自配合でブレンドした、腸活にオススメのオリゴ糖粉末。ヨーグルトや飲み物にぴったりな、ほんのり優しい甘み。

価格
3480 円
在庫数
残り32個
かわしま屋の商品を見る >>


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

読み物ページ編集担当。お腹の悩みを解消すべくいろいろトライアル中。夫婦と犬の3人生活。