種麹 甘酒用【改良長白菌小袋粉状】20g*2個セット(30kg分) -京都「菱六」特製【送料無料】*メール便での発送*

甘酒づくりに最適な「長白菌小袋粉状」
販売価格 819円(税込)
定価 927円(税込)
購入数

残り31袋です

商品レビュー

  • もちもちみ
  • 30代
  • 女性
  • こちらの種麹を使って母から麹作りを教わりました。
    お味噌、甘酒、にんにく麹、生姜麹、塩麹などたくさん作り美味しくいただいています。
    お味噌は、ほのかに香ばしくとっても美味しく出来ました。今年の冬もお味噌作りを楽しみにしています。
  • matsu8
  • 40代
  • 女性
  • こちらの種麹でいつも良い麹が作られています。甘酒も美味しいですね
  • dam1677
  • 60代以上
  • 男性
  • 一年ほど前にかわしま屋さんで発酵器を買い、甘酒用麹を作り始めました。米5合に対して、麹をカップ大さじ1.5杯使うと、うまくいきます。この量を使うので、この徳用はありがたい。そして甘みは、「改良長白」が通常のものよりも出ます。ただ、もっと甘みの出る麹菌もあるようですが、私はこれで満足です。

こちらはお徳用改良長白菌20gの2個セットです。単品でのご購入よりお得になっています。



種麹【改良長白菌小袋粉状】-京都「菱六」特製種麹-とは


創業から300年、種麹一筋の老舗「菱六」の伝統が詰まった種麹「改良長白菌小袋粉状」

麹の香りが活きる、甘酒作りに最適な種麹です。
酵素力のバランスが取れており、昔ながらの麹の良い香りが特徴です。

種麹20gで15kg分のお米(給水前の原料としてのお米15kg)を麹に仕上げられます。
改良長白菌は、甘酒、白味噌など、白い色を活かした食材をお作りになりたい時に最適です。



粉もの缶

粉もの缶|家事問屋のページ

>>甘酒の健康効果・甘酒レシピはこちらから



種麹 販売

長期保存可能な麹菌が20g入っており、使う分だけ開封できて便利です。
ご自宅で糀をお作りになる方に最適な麹菌(種麹)です。
種麹20gで15kg分のお米(給水前の原料としてのお米15kg)を麹に仕上げられます。


種麹とは


種麹とは、麹の素となる麹菌「胞子」のことです。
味噌や甘酒などの発酵食品は、麹が素となり作られます。そして、種麹がないと麹が作れません。

醸造業界では、種麹のことを“もやし”と呼んでいます。
麹菌が芽を出し白っぽい菌糸が伸びていく姿は、食べる「もやし」そのものであり、
木々が芽吹く姿にも似ていることから、そう呼ばれています。


もやし


種麹の比較表



種麹比較表



種麹





甘酒挿入バナー


麹とは


原料となる穀物(米・麦・豆など)に水分を与え、蒸したものに種麹を撒き、
麹菌の増殖に適した温度条件下で培養したものです。

麹は、酵素の宝庫と言われるほど多種多量の酵素を持っており、その力で穀物を分解します。
また、麹自身は、麹菌によって造られた糖,アミノ酸,ビタミン,ミネラルなどがぎっしり詰まった
栄養豊富な食べ物でもあるのです。

麹を利用して、伝統的発酵食品である日本酒・本格焼酎・みりん・味噌・醤油・酢・甘酒などを作ります。


味噌甘酒醤油


麹の健康効果



腸内環境 (腸内フローラ)がよくなると、お肌の調子もよくなり、免疫力がアップします。
この腸内環境を整えてくれるのが発酵食品。

そして、発酵食品は必ず発酵を促す菌によってつくられます。
代表的なものには、麹菌や納豆菌、乳酸菌など、どこかで聞いたことがある菌が並びます。
その中でも、私たちに身近な味噌や醤油、お酒をつくるのが麹菌。
この麹菌、日本の風土や気候に合ったもので、室町時代にはすでに発見されていました。


糀の主な栄養素

■ビタミンB1

■ビタミンB2

■ビタミンB6

■ビタミンH(ビオチン)

■パントテン酸

■必須アミノ酸


これらの栄養分はサプリメントでも摂取できますが、
糀食品から摂取すると、なんと体内吸収率は90%以上なのです。






米麹の出来上がり量と使用するお米と種麹の量


米の分量

種麹の分量

出来上がりの米麹の量(目安)

米麹の出来上がり量と使用するお米と種麹の量


味噌の出来上がり量と使用する材料の分量




失敗しない米麹の作り方をご紹介しています。
米麹の作り方ページ



種麹の使用量について
プロが麹を作る場合は、種麹20g使用で最大お米15キロ分の麹を作れますが、家庭で少量の麹(500g〜2キロ)を作る場合は、規定量の2〜10倍の種麹を
入れた方が成功しやすくなります。なぜなら、蒸し米を包む布に麹菌が付着するなどして吸収され、その分麹菌が繁殖しづらくなってしまうからです。

そのためかわしま屋では、規定量の約6倍の種麹を使用して米麹を作っており、分量も幅をもたせて記載しています。
種麹の量が多い分には仕上がりに問題はありませんので、ご安心ください。







■米麹を使ったレシピ

>>味噌の作り方

>>塩麹の作り方

>>お米と麹でつくる甘酒の作り方


よくあるご質問


【 Q1 】 種麹の保存期間はどのくらいですか?

・未開封の場合、冷蔵庫の野菜室などで保存し、6ヶ月程が目安。
・開封後は、ジップロックなどで密封の上、冷蔵庫の野菜室などで保存し、6ヶ月程で使い切ってください。



【 Q2 】 完成した米麹はどのように保存すれば良いですか?

・1〜2日置く場合は15度以下の冷暗所
・2日〜3週間使用しない場合は冷蔵庫
・3週間以上使用しない場合は冷凍庫で3ヶ月ほど保存可能



【 Q3 】 種麹をそのまま飲んでも良いですか?

飲用ではありませんので、そのまま飲みいただくことはお控えください。

サプリメントとしては、ウエダの自然発酵乳酸菌やモバイルマイグルトがおすすめです。



【 Q4 】 米麹をつくる際に、種麹をどのくらい使用しますか?

種麹の量は原料の米1kgに対してで種麹は1.3g−10g程度(一合あたり0.2g-2g程度)を使用してください。
慣れない内は、多めに使うことがポイントです。
種麹を多く使う分には、問題ありません。


・出来上がり量について

原料のお米を蒸すとおおよそ1.8〜2倍の量になります。
それが上手く麹になるとおおよそ0.9倍の分量になるので、出来上がりの麹は原料のお米に対して
1.62(1.8x0.9)〜1.8倍の量になります。

例えば、原料のお米が1kgだった場合は仕上がりの麹は
1.62〜1.8kgになります。
(上記は目安の分量です。お米の浸水具合や蒸し具合、発酵具合により仕上がる容量は変化します。)



【 Q5 】 仕上がった米麹が赤茶色く変色・臭いがおかしいのですが、使えますか?

途中で雑菌が混じって繁殖している可能性が高いです。お使いにならないでください。
発酵器具をしっかり殺菌して、次回使用する際は種麹の量を増やしてみてください(3-4倍程度)
発酵しやすくなります。
また、発酵の際の温度管理にも気をつけてみてください。




甘酒挿入バナー


お客様の声



甘酒は通年飲用しているので糀を自宅で作っています。改良長白菌は甘酒の糖度が安定して高くできるので安心です。

kita様 (60代以上・女性)



味噌用の種麹で作った米麹で甘酒を作ったところ、どうも麹のにおいがキツ過ぎて美味しくなく米麹の甘酒は自分は飲めないかも。。。 と思ってましたが甘酒用のこの種麹で作ったものは飲めました! やっぱり用途によって違うんですねえ。。

ご購入者様(30代・女性)



市販の甘酒が甘すぎるので自分で手作りしたいと思って購入しました。
さっぱりとした甘みと麹の香りが良いおいしい甘酒ができました。満足です。

ご購入者様 (30代・女性)




手作り米麹のメリット



■ 原料がわかって安心
かつて日本の家庭では、麹をもとに自家製の味噌や醤油、甘酒などをつくっていました。
しかし、時代とともに食生活も変化し、味噌や醤油、甘酒は「つくるもの」から、「買うもの」になっていきました。

そんな中、スーパーなどで手に入る味噌や塩麹などは、どんなお米が使われているかわからず
不安になる方も多いかと思います。

手づくりなら自分で用意した無農薬のお米でつくることもできるので安心です。


■ 手づくりは楽しい
かわしま屋のスタッフが米麹を手づくりした時は、自分の手がすべすべになることに感動しました。
酒造りに携わる杜氏さんの手が美しいのは有名な話。
米麹の栄養素は、美肌を生む成分がいっぱいです。

そして、自分でつくった米麹はまるでわが子のようにかわいく、お味噌や甘酒もより美味しく感じます。


■ 手づくりなら経済的
味噌を作るときにはキロ単位で麹が必要となります。これを買うとなると結構なお値段。
その点、種麹を使えばお米15kg分の米麹ができるので経済的です。



手づくり麹





■ 「菱六」助野彰彦さんの麹づくり講座レポートはこちら


種麹-京都「菱六」特製種麹 生産者 株式会社菱六 からのメッセージ


山河襟帯・王城の地京都に「菱六」の暖簾を掲げて三百有余年、
その長い歴史の中で種麹一筋に着実な歩みを進めてきました。

麹菌の中に秘められた小さな営みが、やがて大きなものを生み出す明日への
生命力になると信じ、純粹で安定度の高い製品をお届けできるよう研究・努力しております。

糀づくりに菱六の製品をお役立ていただけますように一層のご愛顧をお願い申しあげます。

種麹 菱六


株式会社 菱六



NEW


facebook 麹づくりのコミュニティーページ



Facebookにて、こうじづくりのコミュニティーページを開設しました。


皆さんのこうじづくりの様子の共有や意見交換を、Facebook上でお楽しみいただけます。


どなたでもご参加いただけますので、ぜひ覗いてみてください!


https://www.facebook.com/こうじづくりコミュニティ-516515725403293/







種麹-京都「菱六」特製種麹 注意点



種麹

・種麹(麹菌)-改良長白菌小袋粉状-
・容量:20g×2個セット
・使用期限:約半年間
・種麹の保管は、湿気のない15度以下の冷暗所でお願いいたします。
・器具・布・手などは充分きれいにし、雑菌などがはいらないように注意してください。
・開封後はお早めに使用してください。
・米糀・麦糀用です。他の用途には使用しないでください。
【こちらの商品はクロネコメール便での発送となります】
・封筒に簡易的に包装されてお届けいたします。
・商品はご自宅のポストに投函されます。
(万が一ポスト投函後に商品の盗難や破損が起きた場合でも、ご返金や交換は出来ませんので、何卒ご了承ください。)
・配達日数は1〜2日程度です。エリアによっては1週間程度要する場合もあります。
・できるかぎりご希望の着日にご到着するように、調整して発送いたしますが、正確な着日や時間帯指定でのお届けはできません。
・代引きでのお支払いは出来ません。
定価 927円(税込)
販売価格 819円(税込)
購入数

商品レビュー

  • もちもちみ
  • 30代
  • 女性
  • こちらの種麹を使って母から麹作りを教わりました。
    お味噌、甘酒、にんにく麹、生姜麹、塩麹などたくさん作り美味しくいただいています。
    お味噌は、ほのかに香ばしくとっても美味しく出来ました。今年の冬もお味噌作りを楽しみにしています。
  • matsu8
  • 40代
  • 女性
  • こちらの種麹でいつも良い麹が作られています。甘酒も美味しいですね
  • dam1677
  • 60代以上
  • 男性
  • 一年ほど前にかわしま屋さんで発酵器を買い、甘酒用麹を作り始めました。米5合に対して、麹をカップ大さじ1.5杯使うと、うまくいきます。この量を使うので、この徳用はありがたい。そして甘みは、「改良長白」が通常のものよりも出ます。ただ、もっと甘みの出る麹菌もあるようですが、私はこれで満足です。
  • 送料一律480円キャンペーン中
  • 税込9,980円以上で送料無料!
    または↓こちら↓をチェック!
  • これを買ったら送料無料

お買い物

営業日カレンダー

2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■:休業日

>