油

無農薬や国産の素材、製法は低温圧搾など、こだわりの油。無添加のオーガニックの食用オイルもお取り扱いしています。体にいい安全で美味しい油を、毎日のお食事でお楽しみください。

41商品

  • < 前
  • 次 >
41件 1-41表示
  • <
  • 1
  • >
41件 1-41表示
  • < 前
  • 次 >
油について


カロリーの高い油は、摂りすぎると体に悪いと言われます。
現代は食事の欧米化により油分の多い食事が増え、生活習慣病も増えています。

しかし油は、人の3大栄養素のうちの一つでもあり、大切なエネルギー源でもあります。
毎日摂る必要のあるものですから、身体に良い安心して使えるものをぜひ選びたいものです。



なたね油とは


「菜種」とは、アブラナ(菜の花)の種子のことで、アブラナの別名でもあります。
なたね油は、このアブラナの種子を使って作られます。
古来より油を採るための植物として、また野菜として栽培されてきました。
日本では葉物の野菜として食べられ、江戸時代には行燈用や食用の油を採るために
菜種が広く栽培されるようになりました。
日本で最も古い油脂原料とも言われる、日本人には馴染みの深い油です。

菜種油には、植物油の主成分である脂肪酸のひとつ、オレイン酸が多く含まれています。
オレイン酸には、善玉コレステロールは減らさずに、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを
減らしてくれる効果があるといわれています。


【なたね油】の商品一覧・詳細ページはこちら

なたね油ページリンク



ごま油とは


一般的にごま油とは、白ごまを焙煎して油分を搾ったものを言います。
琥珀色をしており、香ばしい特有の香りがあります。

一般的なごま油以外にも、無色のものや濃い色のもの、香りのないものもありますが
日本でも古くから油脂原料とされてきた、日本人には馴染みの深い油です。

リノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が多く含まれ、
コレステロール値を下げ血管を強くしてくれる効果があります。
またセサミンやセレンの抗酸化作用により、活性酸素からのダメージから細胞を守る効果があります。

ごま油は他の食用油と比べ、酸化しにくいという特徴がありますので、
賞味期限によりますが、未開なら約2年ほど保存ができます。
開封した場合には空気や光により酸化が進行するので、冷蔵庫に入れる必要はありませんが
高温多湿を避け光の当たらない冷暗所で保存し、酸化しないようしっかりとフタをしめましょう。


【ごま油】の商品一覧・詳細ページはこちら

ごま油とは



オリーブ油とは


オリーブの豊かな風味で知られるオリーブオイル。
他の油と全く違う点があるのですが、それは他の油のように種から搾油するのではなく、
オリーブの実を搾って作られるという点です。
果実のジュースから分離させた油分がオリーブオイルとなります。
そのためとてもフルーティで香り高いのが特徴です。

また、果実の個性が出やすいので、収穫する地域や時期、品種によって
同じオリーブオイルでも味や色味、香りが全く異なってきます。
お好みのオリーブオイルを探してみるのもいいですね。

そのまま食べてもとても美味しいですが、加熱にも強いため
揚げ物や炒め物にも向いています。

オリーブオイルにはお肌の老化を抑える美容効果があります。
オリーブオイルには皮脂に似ている保湿成分が多く含まれており、
他の食用油に比べて高い抗酸化作用が期待されています。


【オリーブオイル】の商品一覧・詳細ページはこちら

オリーブオイルとは



えごま油とは


えごまの実から抽出した油です。
サラッとして薄い色味、香ばしいえごまの実の特有の香りがあります。

えごま(荏胡麻)はシソ科の一年草で、東アジアが原産です。
数世紀前から料理の香辛料として利用され、日本ではゴマよりも古くから利用されていました。
菜種油が普及するまでは、植物油と言えばえごま油を指すほどよく利用されていたのです。

なんと言っても、オメガ3系脂肪酸である「α-リノレン酸」を非常に多く含むのが最大の特徴。
心疾患や脳卒中を予防する作用があるといわれ、
毎日の食生活に欠かせない油として注目されています。


えごま油は酸化しやすいため、加熱中の料理に加えると風味や栄養素が飛んでしまいます。
サラダのドレッシングやマリネなど、加熱処理をしない調理法に適しています。


【えごま油】の商品一覧・詳細ページはこちら

えごま油とは



米油とは


白いお米から油がとれるのかと思いますが、
こめ油の原料は、玄米を削って精白米にするときにできる「米ヌカ」です。
米ヌカは、玄米の表層部分や胚芽で、油を20%も含んでいます。

米ヌカには精白米にはないビタミンやミネラルがたくさん含まれており、
油に溶けやすい成分も少なくありません。
ですから、米ヌカを搾ったこめ油には、玄米が持つ健康パワーが凝縮されています。


【米油】の商品一覧・詳細ページはこちら

米油とは




植物油の安全性について


健康に良いとされる植物油ですが、大量生産の効率化によって
安全とは言えない油が市場に出回っているのも事実です。

本当に体にいい、安心して使える油とはどんなものなのでしょうか?


注目すべきは、油の抽出法

製造過程において、油を抽出する方法が二種類あります。

圧搾法(低温圧搾法・一番搾り)

専用の機械で潰して油を抽出する、昔ながらの製法。

化学溶剤での抽出法

ヘキサン等の化学溶剤を使用して抽出する製法。



■圧搾法(低温圧搾法・一番搾り)とは・・・
圧搾法はその名の通り、物理的に原材料に専用の機械で圧力をかけて潰し、搾る方法です。
採油するのに手間がかかるもので、しかも原材料に含まれる油を全て採りきることができませんでした。
昔はこれが当たり前だったのです。

■化学溶剤での抽出法とは・・・
対して、コストをかけず大量に搾油する大手油脂メーカー等では
油をできるだけ無駄なく効率よく採油するために、
「ヘキサン」という石油系の溶剤を使用して原材料のの99%もの油を抽出します。


化学溶剤抽出の危険性

製造過程においてヘキサンは完全に取り除かれるため安全であるとされていますが、
ヘキサンとはガソリンにも含まれている成分です。

人の皮膚や呼吸器などに刺激を与えたり、
生殖機能や胎児にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

さらに、鼻を突くツンとした刺激臭がありますので、食用にするには脱臭をしなければなりません。
その脱臭作業のためには油を200℃以上の高温に加熱する必要があるのですが、
その際、人体に有害な「トランス脂肪酸」が発生してしまうのです。

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸とは植物油に水素を加えた時に発生する副産物の油の成分で、
市販のマーガリンやパン・ケーキ等にも使われるショートニングに多く含まれています。
がんや動脈硬化の原因のもなりうる、人体に悪影響を与える
物質だということが既に認められており、
日本では規制されていませんが、摂取量を規制している国もあります。


スーパーなどで一般的に安価で売られているものは、化学溶剤を使った製法の油がほとんどと言えます。
もちろん商品になる際は化学溶剤は除かれ安全性のチェックもされているはずですが、
トランス脂肪酸が含まれ、熱処理されているため栄養素も減ってしまっています。


安全な油選びのポイント

安心して油本来の健康効果をそのまま摂れるのは、圧搾法で手間をかけて作られた製品です。

圧搾法の油は溶剤で抽出した油よりも天然成分のビタミンや抗酸化物質が多く残り、
健康効果はより高くなります。


安心して使える油選びのポイントは
「国産の原料を使い、圧搾製法で作られた油」

ということになります。


昔ながらの製法を守って圧搾し、手間をかけてでも安全な油を作られている
メーカーさんのものであれば、薬品処理をされていないので安全です。

日々の食生活に欠かせない油ですから、
健康のために安全なものを選んで使いたいものですね。


  • 送料一律480円キャンペーン中
  • 税込9,980円以上で送料無料!
    または↓こちら↓をチェック!
  • これを買ったら送料無料

お買い物

営業日カレンダー

2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■:休業日

>